マンガ

『あかりと彼はなやましい』を全巻無料で読む方法

『あかりと彼はなやましい』を無料で読む方法を調べました。

『あかりと彼はなやましい』は最高の漫画です。

大好きで何度も読み返す作品。三上と里(完結おめでとう!)も好きですが、あかりと瑞貴がやはり大好きなのです。まよ先生の多面的な心情描写がとても好き。このシリーズは、その巧みさが最大限に引き出された作品だと思います。なやましいなやましい。彼(彼)を想うからこそ、、、わがまま言って欲しいし(困らせたくないし)、自由にしてあげたいし(独占したいし)、余裕を見せたいし(対等でいたいし)、不安になるし(させたくないし)、キスもエチも沢山したいし(自分本位は嫌だし)、愛してると伝えたいし(伝えてほしいし)気持ちは裏腹、読んでるこちらはハラハラハラ。答えはすでに出ているのです。なのに、なかなかそこへ辿り着けない。もう無理かも‥?いいえ、お互い、とうに諦められないことを知っているのです。今までなら『どうせ』と、『そんなものか』と見切りをつけられた。けれど、今は違う。どんな道を辿っても、すれ違い続けても、あなたと巡り合う運命に出逢いたいのだと。これを究極のラブストーリーと言わず何と言いましょうか。10歳離れて、育った環境も価値観も性格も全く違う。でも、二人はどこか似ている。ゲイである自分を肯定できず傷つき閉じていたあかり。不満はないはずなのにどこか満ち足りなかった瑞貴。どこか他人事のように自分を見つめているみたい。そんな2人がお互いのために向き合い、変わろうと。もっと知りたい、寄り添いたいんだと。そんな想いが物語を通じて溢れだしているかのようでした。出会った日、一つのベッドに背中合わせで眠る2人。もう二度と会うことはないだろうと思っていた彼らの、これから待ち受ける運命に思いを馳せると‥あぁ恋って素敵だなぁ‥と。そんなふうに思いました。先日出た作品集、まさにご褒美です!!また2人に会えるなんて。先生に心からの感謝を。*****瑞貴がイケメンなのは周知のことですが、個人的に顎髭は無い方が好き‥ってことで顎を指で隠してみたら、若返ってさらにイケメンに。困った(困ってない)。修正は‥見えない構図と白抜きバリエーション。いいさ、瑞貴さんのが見えたら、きっとおかしなテンションになってたさ‥ハハハ‥(ToT)

そんなあかりと彼はなやましいを無料で読む方法を紹介します。

『あかりと彼はなやましい』を無料で読む方法

『あかりと彼はなやましい』を無料で読みたい方のために、すべての漫画サイトを調べて表にまとめてみました。
徹底的に比較検討し、作戦を練った結果、以下の手順で読むのが最もコスパが良いことがわかりました。

  • Amazonユーザーの方は、Kindle Unlimited の30日無料体験を利用する。
  • 次にコミック.jpの無料体験を利用して、1200円分の漫画を無料で読む。
  • そのあとで、U-NEXTの無料体験で600円分の漫画を無料で読む。
  • 無料分を全部読み切ったら、ebookJapanを使って、半額で漫画を読む。

というのが、最も確実かつノーリスクで漫画を無料で読みまくる方法です。ぜひ活用してください。

サイト 特徴
Kindle Unlimited Amazonアカウントですぐに30日間無料体験できる
コミック.jp 30日間の無料体験。1200円分の無料ポイントがもらえる
U-NEXT 30日間の無料体験。600円分の無料ポイントと動画・雑誌見放題
ebookJapan 初回50%オフ。50%分のPayPayポイントがもらえるので実質半額。単品購入ができる
コミックシーモア 先行配信がある。読み放題プランがある
まんが王国 毎日ポイントがたまる。無料お試しページが多い

あかりと彼はなやましい を読んだ人の感想まとめ【ネタバレあり】

参考情報として、あかりと彼はなやましいを読んだ人の感想を集めてみました。

みんなの感想を参考にして、あかりと彼はなやましいを読んでみてください。

  • 年上攻めがもう最高に良かったです。好きという感情を出しすぎないけど実はめちゃくちゃ好きというのがとてもキュンキュンしました。受けが感情を出してそれを攻めが受け止めるという感じがとても好きです。ぜひ買ってください。
  • 1巻読みました。あかりの環境や境遇が胸に突き刺さります。。嫌だよね自分は過去に嫌な思いしたし今現在も悩んでるのに、友達同士がくっつくの見るのも素直に祝福できない気持ちわかるー。一方16歳というところも確かに悩ましい。こんな大人な相手と出会えてまるっと包んでもらえて良かった!!今2巻読んでる途中です!読んでる途中だけどレビュー編集します!最高です!2巻目は瑞樹目線でお話が進みます。お互いの気持ちが丁寧に描かれていて、ページをめくりたいような、読み終わるのが勿体ないような。色々な事を諦めたアカリの心が溶かされていくのが嬉しい。おすすめです♪
  • ホントになんて子たちなんだ!1巻のあかりはもう危なっかしくて、平気で嘘のペルソナ付ける、トゲトゲな有刺鉄線で身を守るような子で、自分がツラい方がきっと楽に思ってしまうんだろうなと、見てて切なくて泣けてしまうくらいだった。でも10も上の瑞貴に出会って、やっとあったかい柔らかい毛布に包まれる感覚を心身共に与えて貰えて、それをちゃんと自覚して感じられる、本当にイイ子なんです!そんなあかりをちゃんと理解して導いて、でも誰にもあげないって気持ちも持っていて、大人であるが故の葛藤となやましさもとてもよく分かります。そんな2人がとてもとても大好きです!三上×里CPよりも、この2人のCPのが断然好き。もっともっと続編希望です!エッチもまたエロさがあって、でもガツガツしてなくて、ストーリーにあっていて言うことなし!
  • スピンオフ作品ですが、あかりくんの方が好きかもです!!あかりくんが1巻と2巻でだいぶ印象が変わりました。あかりくん幸せになって良かった!
  • みかさとから知りましたが、このペアが大好きです!1巻では、瑞貴さんが本当にあかりを好きになったのか少しもやっとしていたのですが、正月との間に割って入るシーンは良かったです!!
  • 作者さんの別シリーズ「三上と里〜」が良かったのでこちらも買ってみたのですが、あかりの心理描写が昔の自分を見ているようで泣けました。
  • スピン元作品を読んでいなくても十分楽しめますが……できれば、元作品の1巻を先に読んでほしいです。三上と里がどういう性格の子たちで、あかりとの間にどういうことがあったかを予め知っていたほうが、あかりの気持ちが、より理解できるので。単に嫉妬や羨望だけじゃない、複雑すぎるあかりの笑顔や涙が切なくて、序盤から泣いてしまいました。あかりは、ひねくれてるところもあるけど、賢くて努力家で、行動力や強かさもあって、だけどどこか臆病で……とにかく可愛くてしかたないです。瑞貴が放っておけなくなるのはわかるんだけど……1巻ではちょっと、物足りなさが残りました。瑞貴のその気持ちは、拾った子猫に対する愛情のままで、恋愛感情とは微妙に違うような??でも、2巻ではそのあたりをしっかり回収してくれました!この人は、全てに恵まれたデキスギ君ゆえに、かえって疎い部分があったのかと思ったら、腑に落ちました。境(マスター)がナイスキャラで、ナイスアシストしてくれました。正月も、イヤな感じの当て馬ではなくて、でもしっかり嫉妬は煽ってくれて、グッジョブでした!普段、理性的すぎる瑞貴が、嫉妬に駆られてあんなことやこんなことを……最高すぎました。そもそも2巻からの瑞貴は、外見のイケメン度も、中身のスパダリ度も、あかりとのイチャイチャ度も、全て増し増しで、それだけでもクラクラ来るんですが……さらに、人間らしいネガティブな部分や未熟な部分も出てきて、それも含めてとにかくカッコいい!あかり、こんな人に出会えて、愛されて、本当に良かった。そして瑞貴も、あかりに出会えて良かった。短編集『友人と恋人』も、あかりと瑞貴がメインなので、是非。しつこいですが、できれば『三上と里〜』の方もあわせて読んで欲しい。あかりと里の友情も尊いのです。刊行順に『三上1巻』→『あかり1巻』→『あかり2巻』→『三上2巻』→『短編集』の順に読むのがおすすめです!
  • 「三上と里はまだやましくない」のスピンオフ。二人の友達でゲイの「あかり」が主人公です。こっちの話の方が私は好みです!あかりに初彼ができるだけではなく、成長していく姿がとてもいい。どんどん自由に、どんどん素敵になっていくんだろうなって思います。瑞貴はあかりよりも10歳年上なのであかりよりも大人は大人だけど、26、7なんてまだ若造。恋愛に迷ったり自信をなくしたりするよね。瑞貴はいい男だけど完璧ではなく、そこがただのスパダリではなくリアルで良かったです。
  • 『三上とさとはまだやましくない』のスピンオフです。三上&里なクラスメイトであるゲイのあかりが主人公です。出会いを求めて行ったゲイバーで出会ったノンケの瑞貴に助けられ、懐いてお付き合いすることになるストーリーです。瑞貴×あかり。はじめはかわいそうなあかりを助けるなんて瑞貴は人が良いというかお人好しだなという印象で、年も離れてるのに思わせぶりであまり印象が良くなかったのですが、2巻に入ってからしっかり瑞貴のあかりへの想いが見えるようになってからは大人も必死なんだなと感じてキュンキュンしました。瑞貴も大人だからこそしっかりしてたいし、成長したあかりに幻滅されたくないからと自分から強引に誘うこともないことも、印象が良くなる1つの要因でしたね。あかりに付き合わされている雰囲気がなくなり、あかりのことをちゃんと好きで離れてほしくないのが伝わるのが良かったです。また、あかりはあかりでしてもらうばっかりじゃ嫌だという態度も良かった!男前なあかり、とても応援したくなりました。
  • 『三上と里は〜』に出てきた、ゲイで少し影がありそうなあかりが、ひょんなことからノンケの社会人、瑞貴と出会う話。『三上と里は〜』を読んであかりの下地を作ってからの方がいいかもしれません。あかりは、過去や家庭のこともあり、心に蓋をして、欲しいものを欲しいと言えない、大丈夫じゃなくても大丈夫と言ってしまう子。幸せになって〜と願いたくなる。そんなあかりをちゃんと受け止めて、居場所を作ってあげる瑞貴さん。ほんとにできた大人なんですよ。2巻では、そんな大人な瑞貴さんが、成長していくあかりを前に、将来を考え悩む姿がまた…(萌)あかりは瑞貴さんの前ではすっかり素直で可愛くなってるし(萌)歳の差の壁に、最後瑞貴さんが大人だから出来る、フェアじゃない手を使ってでも覚悟決める、とこ惚れた!社会人×高校生って倫理的な関係でか、あまり読んだ気がしないんだけど(知らないだけ?)、この2人はすごく自然に読めます。瑞貴さんが良識あるしっかりした大人で、あかりもちゃんと将来を考える賢明な高校生だから、でしょうか。2人のバランスがよくて、これから先も大丈夫、と思える大好きな2人です
  • ゲイなのがみんなにバレて周りを気にしながら生きているあかりは、可哀想でした。しかし、あかりのキャラのおかげで暗くならずに捻くれながらも前に進んで行く姿は良い。そんなあかりが出会えたノンケの瑞希さん。最初はほっとけなくて構っていたみたいだけど、段々とあかりが可愛くなる気持ちわかる。年の差があるけど、お似合いの二人だと思う幸せに。
  • 三上と里はまだやましくないのスピンオフ。クールでちょっと冷たい印象のあかりがノンケの社会人瑞貴と出会って、反発したり戸惑ったり強がったり甘えたりをしながらどんどん惹かれていく。あかりが凄く可愛い。二人に幸せになって欲しい。
  • 素敵なお話でした。あかりの他人を寄せ付けない、本当の自分を見せない強がりなとこ、それでいてとても淋しがり屋で甘えたな面倒臭いヤツなとこ、全てが愛おしかったです。そんなあかりが瑞貴さんに出会ってどんどんかわいくなっていきました。しっかり男の子なのにかわいい!瑞貴さんじゃないけどあかりが愛おしくかわいくて堪りませんでした。瑞貴さん、2巻ではあかりの事思い過ぎて葛藤してます。そんな事を考えてる瑞貴さん、どこまで良い人です。あかりも負けずと最後に男前な宣言してます。そこまでの話、見たいです。ぜひ、大学生編、社会人編を!瑞貴さん、顎髭無い方がいいな。他の方も書いてましたが、顎髭を指で押さえて…私もやってました(笑)私だけじゃなかった!
  • なかなか素直になれないあかりの心の傷が早く癒えると良いなと。幸せになれるのをずっと願ってました!あまのじゃくな所もかわいかったです!
  • スピンオフですが、こっちの方が私は好きです。あかりが健気で、放っておけない若宮さんの気持ちが痛いほどわかる!かわいいというか、あんな健気な高校生に懐かれたら、そりゃ若宮だって気持ちに応えたくなっちゃうよー。あかりが、ちゃんと男らしいとこも良かったです。

まとめ

あかりと彼はなやましいは最高の漫画です。

Kindleのスマホアプリで電車に乗ってる間でも読めるので、ぜひ読んでみてください。



お金持ちになりたいすべての人にとって、有用な情報が載っているブログを見つけたので紹介します。

エンジニア転職のリアル

私はこのブログを全部読んで、人生変わりました。
この記事を読んでくれた方にもぜひおすすめしたいです。