マンガ

『辺境の老騎士バルドローエン』を全巻無料で読む方法

『辺境の老騎士バルドローエン』を無料で読む方法を調べました。

『辺境の老騎士バルドローエン』は最高の漫画です。

老騎士かっこよすぎます。こーいう歳のとりかたしたいですね!!

…と思いました。

そんな辺境の老騎士バルドローエンを無料で読む方法を紹介します。

辺境の老騎士バルドローエン

『辺境の老騎士バルドローエン』を無料で読む方法

『辺境の老騎士バルドローエン』を無料で読みたい方のために、すべての漫画サイトを調べて表にまとめてみました。
徹底的に比較検討し、作戦を練った結果、以下の手順で読むのが最もコスパが良いことがわかりました。

  • Amazonユーザーの方は、Kindle Unlimited の30日無料体験を利用する。
  • 次にコミック.jpの無料体験を利用して、1200円分の漫画を無料で読む。
  • そのあとで、U-NEXTの無料体験で600円分の漫画を無料で読む。
  • 無料分を全部読み切ったら、ebookJapanを使って、半額で漫画を読む。

というのが、最も確実かつノーリスクで漫画を無料で読みまくる方法です。ぜひ活用してください。

サイト 特徴
Kindle Unlimited Amazonアカウントですぐに30日間無料体験できる
コミック.jp 30日間の無料体験。1200円分の無料ポイントがもらえる
U-NEXT 30日間の無料体験。600円分の無料ポイントと動画・雑誌見放題
ebookJapan 初回50%オフ。50%分のPayPayポイントがもらえるので実質半額。単品購入ができる
コミックシーモア 先行配信がある。読み放題プランがある
まんが王国 毎日ポイントがたまる。無料お試しページが多い

辺境の老騎士バルドローエン を読んだ人の感想まとめ【ネタバレあり】

参考情報として、辺境の老騎士バルドローエンを読んだ人の感想を集めてみました。

みんなの感想を参考にして、辺境の老騎士バルドローエンを読んでみてください。

  • テンポよく話が進むので、次が気になって一度読み始めると止まらない。長編マンガによくある変な回想シーンや解説シーンがないので、グダらずにサクサク物語が進むのがとても読みやすい。暇な時間ができたらとりあえず読んでみることをお勧めします。
  • カッコいいおじさま、いいですね。引退後はのんびり旅をしながら美味しいものを食べる、そんな事を望みながらも困っている人見捨てず、降りかかるトラブルもいなしていく。この先の旅も楽しみです。
  • 経験を重ねたからこその見識の深さや視野の広さ、そして、強さを感じ、「老」騎士だからこそのカッコよさを強く感じました!!自分もこのように歳をとりたいという憧れの気持ちも抱け、日々の努力を大切にしていきたいと思わされました。
  • 主家の今は亡き姫君の為に、有名なおじいちゃん騎士が旅に出る話 強いし、笑いあり、ホロリとする場面もあり、グルメもあり、楽しみ
  • 世界観とか死生観とか大好きです。余生の暇つぶしなのか、”区切り”をつけた事で訪れた新たな人生なのか。食のシーンも素敵です。ただ新刊が出るペースが遅いのが難点。良作なのでじっくり制作に取り組んで欲しいとは思うのですが。
  • 原作もコミックも読み物として、教養の書として、感性を磨く手本として座右に添えたい一冊。癒しであり、潤いであり、慰めでもあり、赦しでもあり、寛ぎでもあり、安らぎでもある。勇気に繋がり、意欲に繋がり、平穏にも繋がり、明日への活力にも繋がる。生命力に満ち溢れた珠玉の一冊。
  • 「コレ、ファンタジー版水戸黄門やないかΣ」こんなこと書いたら、変な色眼鏡が掛かるよね?掛かるよね?掛かったね?←でもそもそも水戸黄門が名作だった訳で、それだけ安定感のある旅物語様式になってると頷ける訳ですよダンナ。(私的には「あ、この人がカクさん役!」って人が出てきた事でそうと気づきましたとも。ええ。)▼冗談はほどほどにしときましょうか…極力ネタバレをせずにレビューすべきと此処に述べるには、この作品は始まりと結果の間、「過程」で魅せる物語だと思います。▼ただ単に勧善懲悪を成すだけでなく、何が在り、何が起き、元騎士のじいさんがその時何を考えたのか。結果に至る手前、その道筋のバリエーションがとても心地いい物語です。▼のべつまくなしに過去を振り返るのでもなく、現状を正しく理解して見積もりを立て、時には礼儀に照らして判断し、時には自身の激しい感情を(ちょうどいい枯れ具合でもって)俯瞰で分析したりもする。そして個性的な登場人物との関わり方にそれらが表れたりもする。そんな「過程」を具に見て、それ故の説得力を感じながら大きな流れも納得しながら楽しめる。そんな物語です。非常にリーズナブル。▼圧巻は美味いメシを食った時のじいさんの豊かな感想、その表現力。美味いメシ毎にくるくる回るじいさんの表情だけでも一度見てもらいたい。そうオススメしたくなる作品です。▼個人的には…普段涙など見せない強気な元騎士が、泣くほどいっとう悲しまされたのが何だったのか。グッときます。
  • ちょっと、グロテスクな所はあるけど、それでも中々面白い。人の感情の流れとか。物語の流れは私には凄く面白かったです
  • 鍛練された身体は精神も鍛練されるのか…老体を自覚しても精神は鍛練を続け熟成されていくのだろうか…騎士道とか武士道とかよくわからないけれど、『ここ』じゃない神や精霊、魔法が身近な世界にあって己の信じる者の為に生きること、正しき道をいくことをそれを貫く生き様の、なんと眩しいことだろう。バルト騎士様、イケてます!お友達になりたい!←死と隣り合わせの世界…厳しい環境でそれぞれ生きる人々や人外の者たち…漫画であるけれど、この世界を一緒に旅をしているように感じたり、傍観したり…。そして!画力の高さ、素晴らしく美しい!美味しいものを美味しいと感じながら、食べることを大切に歓びを持っている…素敵です!『死ぬまで、ちゃんと生きる!』(それって難しいょなぁ…)騎士様の旅にお供いたします!
  • 全巻一気購入、絵が素晴らしく綺麗、原作は読んでいません。主人公は歳を重ねた格好良さ、脇役(若めの登場人物達)は見目が格好良くイケメン揃い、ぐっとくる場面も度々あり、旅の中でご飯的な要素があるのも良い。
  • てっきり年の離れた姫様と何か起こる?と読み始めたらまっ〜たく違っていて良い意味で裏切られましたよ。それからは、もうグイグイと老騎士様の魅力に引き込まれてしまい原作が「なろう」にあることを知った10秒後には読みに行ってた。絵も綺麗で本当に良い作品を見つけたわ。
  • 原作も手放しで素晴らしい作品だが、このコミカライズも原作の空気を損なわず、さらに広げてくるような味がある。バルドの魅力が遺憾なく発揮され、のんびりとふんわりと、美味しく、かつ苛烈に、この話の世界にどっぷりとつかって読むことをオススメする。
  • 魔獣がいる世界だがチートも必殺技もない、剣技と知略で闘い抜く老騎士の物語!忠義とは何か、騎士とは何かを描きつつ物語は綴られていく…
  • おじさまには少年や青年にはない良さがある……渋いです。お話も好きな感じなので、追いかけていきたい漫画です!!
  • 主人公が初老。敵も味方もオッサンだらけ。美少女なんて殆ど出てこない。でも、そこが良い。こういったマンガも必要なんです。一人の騎士、一人の男が人生の終着駅を探している…そんな旅。魔王を倒すとか明確な目的が無いため、先が読めないのも楽しみです。
  • 第2の人生の旅路良し。強いがちゃんと歳には勝てんそのギャップ、最高なのでは。
  • 大人なファンタジーです。安易に恋愛話にする事なく、騎士の忠義が素晴らしい。食べ物もおいしそう。ずっと読みたくて、思わず一気読みしてしまいました!
  • 引退した老騎士が死に場所を探す一人旅に出るも祖国を巻き込む陰謀に巻き込まれていく正統派ファンタジーのコミカライズ版。落ち着いた物腰で茶目っ気もあり、老骨に鞭打って魔獣や刺客と戦う主人公がとにかくかっこいいです。世界情勢や人物相関図がややわかりにくい気もしますが、先の展開が楽しみな作品です。
  • バルトローエンはすてきな騎士のおじいさまです。死もありますが、人道的なお話が多く、納得できる結末です。
  • しっかりした骨太なファンタジー漫画です。特筆するべきはバルドの人柄。ほんとうにいいです。元気がないときに読むとほんと癒される。毎話どこかしらにじんわりさせられます。他の方も書いている通り本当にお爺ちゃんで、何度も「ヤバイヤバイ」と思わせられたり、体が辛そうなのに苦笑してしまったり、年を感じさせるおおらかさにほんわかしたり、はしゃいでるのがかわいかったり、何事に対峙してもどこか落ち着いているのに安心したり。準レギュラーの司祭さまや、王子や、一話キャラの面々や、敵対する面々や、永遠の彼女も含め、出てくる人物も奇をてらわないのに個性があり、料理の描写が細かかったり(笑)、壁や亜人、魔獣など世界観もしっかりしている上にそれを支える画力があり、没入感がすごいです。派手派手しい描写や展開はありませんが、山谷はしっかりしているので、じっくり物語を読みたい方にめちゃくちゃ推しです!

まとめ

辺境の老騎士バルドローエンは最高の漫画です。
私も久しぶりに時間を忘れて楽しむことができました。

この記事を読んだ方もぜひ、私と同じように 辺境の老騎士バルドローエン を楽しんでほしいです。

Kindle にはスマホアプリもあります。

休憩時間や電車に乗ってる間でも気軽に読めるので、ぜひ試し読みしてみてください。