マンガ

『舞妓さんちのまかないさん』を全巻無料で読む方法

『舞妓さんちのまかないさん』を無料で読む方法を調べました。

『舞妓さんちのまかないさん』は最高の漫画です。

16歳の女の子が京都のまかないさんとして頑張るおはなし。かわいくて美味しそうでほっこりします。

…と思いました。

そんな舞妓さんちのまかないさんを無料で読む方法を紹介します。

舞妓さんちのまかないさん

『舞妓さんちのまかないさん』を無料で読む方法

『舞妓さんちのまかないさん』を無料で読みたい方のために、すべての漫画サイトを調べて表にまとめてみました。
徹底的に比較検討し、作戦を練った結果、以下の手順で読むのが最もコスパが良いことがわかりました。

  • Amazonユーザーの方は、Kindle Unlimited の30日無料体験を利用する。
  • 次にコミック.jpの無料体験を利用して、1200円分の漫画を無料で読む。
  • そのあとで、U-NEXTの無料体験で600円分の漫画を無料で読む。
  • 無料分を全部読み切ったら、ebookJapanを使って、半額で漫画を読む。

というのが、最も確実かつノーリスクで漫画を無料で読みまくる方法です。ぜひ活用してください。

サイト 特徴
Kindle Unlimited Amazonアカウントですぐに30日間無料体験できる
コミック.jp 30日間の無料体験。1200円分の無料ポイントがもらえる
U-NEXT 30日間の無料体験。600円分の無料ポイントと動画・雑誌見放題
ebookJapan 初回50%オフ。50%分のPayPayポイントがもらえるので実質半額。単品購入ができる
コミックシーモア 先行配信がある。読み放題プランがある
まんが王国 毎日ポイントがたまる。無料お試しページが多い

舞妓さんちのまかないさん を読んだ人の感想まとめ【ネタバレあり】

参考情報として、舞妓さんちのまかないさんを読んだ人の感想を集めてみました。

みんなの感想を参考にして、舞妓さんちのまかないさんを読んでみてください。

  • 舞妓さんって華やかな世界に見えるけど、やはり華やかなりに陰ではものすごい努力をなさっている職業なんだなと思いました。その華やかな世界を支えるのもまた大変なお仕事で…お話自体がとてもほっこりしたり胸がギューっとなったりと、1話1話見逃せない作品です
  • 何がデンジャラスかって言うと、面白いので直ぐに読み終えてしまうという所です。更に、今現在で19巻まで刊行しているので、ついハマってしまったら19巻まで読まざるを得ない所ですオソロシア。でもまあ面白いので後悔はしませんね。舞子さんのいる日常をほのぼの見たいのならオススメです。ただ、一巻が大体150ページで630ptするので値段は高目ですかね。
  • なんかほのぼのしてて先が気になる感じ絵も見やすいし面白かった。タイトルの通り舞妓さんがメインに出てくるけど実際あんな感じなのかな?
  • 絵柄が優しく、舞妓さんとお料理の話というのも気になって数巻読みました。予想通りホンワカするお話でした。出てくる女の子たちが、それぞれに頑張っていて、応援したくなります。出てくる食事もおいしそうです。みんな、キヨの作る食事を楽しみにしていたり、活力をもらったりしていて、活動の源として、他者との交わりの一環として、やっぱり食事は大事だなと思いました。忙しい食事時のわちゃわちゃがかわいいです。舞妓さんたちの世界を覗けるのも楽しく、舞妓さん達の為の料理の工夫なんかも、目から鱗でした。また続きが読みたいなと思います。
  • 優しくて、愉快な家族もの。本当の家族じゃないけど、家族として暮らす人たちの、楽しいお話し。一緒に生活してると大変だけど、仕事も大変だけど、毎日の「おいしい」があるから頑張れるみたいな、そんなお話。
  • 13巻読み終わりました。なんて気になるところで終わるのか!!今まではほんわかなホッコリな読後感だったのに、この巻は気になる!人生の転換期でしょうか…健太〜(泣)気になるー
  • なんでもない普段のご飯が、舞妓さんという非日常と、キヨちゃんや登場人物たちの静かな情熱に、改めてありがたくあたたかく感じられました。そして、普段も食べているような献立なのに、見るとすごく食べたくなる!キヨちゃんになったつもりで、こつこつごはんを作ってみると、面倒にも感じて早く終わらせたいと思ったりしていた家族の食事作りが、なんだか味わい深く感じられて、、作者の方にお礼を言いたいです。紙の方の漫画も買ってしまいました。
  • 主婦ですが、毎日何気なく時々億劫に感じていた「料理を作る」ということをやる気にさせてくれる作品です。京都に何年か住んでいたことがあり、見知った風景を時々見れるのも嬉しいです。
  • ほっこりする絵柄に惹かれて購入をしました。なかなか自分達の世界とはかけ離れた舞妓の世界で頑張る子達の日常が、厳しくも可愛いです。中学卒業して京都に来て、夢に向かって頑張る子はまだ10代。着物を脱いで髪をとけば今時の子。頑張るすーちゃんを見守る幼馴染のキヨさんが、とても優しいです。
  • キヨさんもかわいくて、ほんわかしていて、思いやりがあって、好きですが、私はスーちゃん押しです。一生懸命何事にも取り組む姿勢や謙虚なところ、キヨちゃんを尊敬し、努力を惜しまないところ…もう素敵すぎです。でも案外こういう子は漫画の世界では恋は報われないことが多いのできっと恋は成就しないのかなーと思っています。どちらにしてもキヨちゃんにたいしての思いやりも強いので自分のしあわせを一番には考えないでしょうが、けなげに頑張る姿を想像して涙してしまいます。
  • 無料版のみの感想です。日常つれづれ日記系ですが、花街(非日常空間)でのまかない(超日常イベント)という一見真逆のテーマがいい感じにマッチしています。作風も終始ふんわりほんわか、もう令和の世になったのにどこか昭和の香りも感じます。ストーリー的に巻を進めてもたぶんこのままのペースで大きなイベントもなさそうな気はしますが、疲れた時に読むと癒される作品です。
  • 18巻もあるからなぁ…と思いつつもとりあえず1巻を試し読みしてみたところ、あっという間でした。優しくて温かくてちょっと目頭がじんわりしながら一気読みしてしまいました TT正直私はキヨにあまり魅力を感じなかったのですが(周りの人達が素敵すぎる?)すーちゃんが綺麗で可愛くてどんどん成長していくので、今後も楽しみです。
  • 花街という特殊な街でも毎日食べるご飯という日常生活は行われている日常的なご飯はどこまでも日常的で特別さは何もなくてだからこそほっとする読んでいてどこまでも安心できてほっこりするそんな作品です。
  • このお話は華やかな花街の世界に魅せらますが、すみれが時々トリップする子供の頃の雪景色や友情に心癒されます。きっとすみれが頑張れるのは、故郷そのものであるキヨの存在があるからなのでしょう。できれば両親に心から応援してもらいたいと願います。
  • お話の中に出てくる料理がどれも美味しそう!特別手の込んだって訳ではないですが、読み終わると本当どれも食べたくなる料理ばっかり!ストーリーもほっこりしていてほのぼのします。
  • アニメをチラッと見てハマってしまいました。舞妓さん達の行く末も気になりますが、キヨちゃんの料理に毎回ほっこりさせられます。頑張ろうと思いたい時に繰り返し読んでます。
  • 仕事がら、ずっと舞妓さんに興味があって、調べたりしたこともありました。この本を見て、色んなことが勉強にもなっておもしろかったです!
  • 舞妓さんを支える食事って、本当に大切だと思いました。主人公が若すぎ!とビックリしますが、あの界隈ではその年齢が当たり前なのだろうなと。すごい世界です。とっても面白いです!
  • 舞妓さんの世界の勉強になります。ほんわかしたかわいいお話がメインですが、この子たちみんな中卒で頑張ってるんだよな…と思うと、私も頑張ろうと思えます。
  • まかないさんのキヨちゃんがたくさんの舞妓さんや花街の人の心に寄り添っていくのも素敵ですが、百はなさんの努力する姿に背筋が伸びます。これを読むまで舞妓さんってこんな若い子たちだったって知らなかった自分が恥ずかしい…笑次に京都で舞妓さん見かけた時は今までとは違った目線で見れそうです。

まとめ

舞妓さんちのまかないさんは最高の漫画です。
私も久しぶりに時間を忘れて楽しむことができました。

この記事を読んだ方もぜひ、私と同じように 舞妓さんちのまかないさん を楽しんでほしいです。

Kindle にはスマホアプリもあります。

休憩時間や電車に乗ってる間でも気軽に読めるので、ぜひ試し読みしてみてください。