マンガ

『ミステリと言う勿れ』を全巻無料で読む方法

『ミステリと言う勿れ』を無料で読む方法を調べました。

『ミステリと言う勿れ』は最高の漫画です。

一つ一つの短編のようなストーリーがどこかで繋がっている事を予測させるワクワク感があります。主人公のキャラクターが面白く、より話を分かりやすく解説してくれるので、とても読みやすいです。

…と思いました。

そんなミステリと言う勿れを無料で読む方法を紹介します。

ミステリと言う勿れ

『ミステリと言う勿れ』を無料で読む方法

『ミステリと言う勿れ』を無料で読みたい方のために、すべての漫画サイトを調べて表にまとめてみました。
徹底的に比較検討し、作戦を練った結果、以下の手順で読むのが最もコスパが良いことがわかりました。

  • Amazonユーザーの方は、Kindle Unlimited の30日無料体験を利用する。
  • 次にコミック.jpの無料体験を利用して、1200円分の漫画を無料で読む。
  • そのあとで、U-NEXTの無料体験で600円分の漫画を無料で読む。
  • 無料分を全部読み切ったら、ebookJapanを使って、半額で漫画を読む。

というのが、最も確実かつノーリスクで漫画を無料で読みまくる方法です。ぜひ活用してください。

サイト 特徴
Kindle Unlimited Amazonアカウントですぐに30日間無料体験できる
コミック.jp 30日間の無料体験。1200円分の無料ポイントがもらえる
U-NEXT 30日間の無料体験。600円分の無料ポイントと動画・雑誌見放題
ebookJapan 初回50%オフ。50%分のPayPayポイントがもらえるので実質半額。単品購入ができる
コミックシーモア 先行配信がある。読み放題プランがある
まんが王国 毎日ポイントがたまる。無料お試しページが多い

ミステリと言う勿れ を読んだ人の感想まとめ【ネタバレあり】

参考情報として、ミステリと言う勿れを読んだ人の感想を集めてみました。

みんなの感想を参考にして、ミステリと言う勿れを読んでみてください。

  • ドラマにハマって原作を読んでみたくなり、購入しました。ドラマもおもしろいですが原作もおもしろいです!
  • ドラマ化するということで少し前に購入して読みました。7SEEDSを読んでいて、こちらも絶対面白いのはわかっていましたが、まだ完結していないので完結してから読もうかな〜と思っていたけど我慢できずに最新刊まで読了。やはりさすが田村由美先生ですね。考えさせられることが多く、より多くの人に考えてほしいことがたくさん描かれています。ドラマでは某女性キャラが不評でしたが、原作ではとても素敵なキャラなので、ドラマ版で「ちょっと…」となった方にも読んでもらいたいです。刊行ペースが遅いのがつらいですね。待ちきれない。
  • 日頃はあんまりテレビドラマを見ない私ですが、雑誌の記事などで話題になっているので久しぶりに本作のドラマを見てみました。なるほど噂通りの面白さ。こうなると原作も見てみたくなりますよね。
  • いろいろな事に気付ける整くんのような人になりたいなと思いました。優しい整くん本当に素敵です。塩一択なところも。
  • ドラマの1話で衝撃を受けてコミックを購入しました。毎回、学ばされる内容ばかり。人間の精神論も考えさせられます。自分の角度がいかに単純でひとつしか見れていなかった等を考えさせられた一冊です。人と関わる時、この人はなぜこのように考えたのだろうかと、思う事はありましたが、この本はその先を見据える力をもらてます。
  • 最初の一冊を購入し、あっという間に全巻購入しました。田村先生の作品なので間違いないのは分かっていましたが、一気にのめり込みました。最新刊がでるのが楽しみで仕方ありません。
  • 主人公は友達も恋人も(そしてたぶん良好な関係の家族も)いない。だからよくあるミステリー漫画の探偵みたいに、犯人を「紋切り型の善良な市民としての正義」で説き伏せることもない。型に嵌めた「あるべき幸せな人間」に、主人公自身もなり得ないから。喜びや悲しみを分かち合うともや恋人や家族がない人が、必ずしも不幸せということでないということ、そしてそれが犯罪の動機として正当化されないことを、整が立証していく。整はそういう境遇だけど、不幸せでないと断言してるし、犯罪は絶対犯さないから。ただ、そんな型に嵌めた幸せな人間でない側の整にも、「理解者」がいる。友達や恋人、良好な関係の家族がなくとも、人が人として、社会に馴染めないなりに社会に参画して生きるためには、「理解者」だけは必要なんだな、ということがよくわかる漫画。生きづらさを感じていて、この漫画に何か感ずるところがある人は、まずはぜひ「理解者」を作るといいと思う。整は自分の思いを徹底的に開示する。これを諦めないことから、理解者の獲得のステップは始まってると思う。
  • ふとした時に主人公の久能くんがいう言葉にハッとさせられます。普段は疑問に感じていないこと、当たり前に思っていたものに対してあれ?そう言えばなんでだろうと思わされたり…漫画ではありますが、軽い小説を読んでいるようでもあり、先が気になって一気に読んでしまいました!
  • 中々考えさせられる作品に出会ったと思ってます。何気ない行動や特に言葉!の一つ一つが奥深く、それぞれに深い意味があると言う事に気づかされてます。「そこ」と「あそこ」とか!ただ文字数多いので、目が悪い私には目がめっちゃ疲れますが、やめられません!
  • 先が気になり、早く知りたい反面、登場人物の言葉をじっくり考えながら読みたくなります。情報量がとても多くてまるで小説のような読み応えです。
  • 原作は小説なのかな?と思って調べてしまいました。深すぎる。文字から情景を想像してみたく、小説が出ているのであれば原作を読みたいと思わせる、とてもよく描かれた作品で読みふけってしまいました!
  • テレビドラマを見させて頂き、原作にも興味を持ち読ませて頂きました。今までの推理、事件、警察物とは違った感じで、次はどうなるの?と心弾ませながら読ませて頂いています。久しぶりに読み応えのある作品だと思いました。
  • ドラマを見てファンになり、こちらで2巻まで無料だったので読んでみました。ドラマとキャラクターのイメージはちょっと違いますが、マンガの方はマンガの良さがありますね!面白くて続きも購入して読んでしまいました。
  • ドラマを見て続きが気になり漫画を買いました!とっても面白かったでス!!面白い面白い面白い面白い面白い面白い面白い面白い面白い面白い面白い面白い面白い面白い面白い面白い面白い面白い面白い面白い面白い面白い面白い面白い面白い面白い面白い面白い面白い面白い面白い
  • 絵が綺麗で、整くんと関わるキャラクターたちも個性があったりしっかり伏線がはってあったり考えて読むことの出来る内容で読み応えがあります。
  • 毎回泣いてしまいます。最新のお話では青砥さんが腹をくくったシーンがぐっときました。整くんの言葉には(田村先生の言葉なんですけどね)一貫して芯があって、しかもそれを他人にも伝えることが出来てうらやましいと思います。『7SEEDS』でも田村先生の言葉には芯があると感じていましたが、『ミステリと言う勿れ』になってからそれをより強く感じます。田村先生の作品はこれからもずっと読み続けたいです。ドラマは…腹立ちますね…なぜ風呂光さんが整くんを好きという設定に変えてしまったのか。完結していない原作をドラマにした場合に、最終回を無理矢理まとめる為に設定を少し変えるのはしょうがないかなと思いますけど、風呂光さんの恋愛要素はそことは関係ないですよね。ドラマ製作者の「恋愛要素を入れたら受けるだろう」という勝手な決めつけに本当に腹が立ちます。設定を変えるなら自分たちで一から話をつくればいいのに。それが出来ないために原作をひっぱってきてドラマをつくるのならば、せめて原作とそのファンをリスペクトして精一杯原作通りにつくるべきだと私は思います。
  • ドラマで知りました。最終回が来たら絶対にロスになると思ったので購入に至りました。整くんのセリフが好きです。文字で読むと更に深いなあと思います。
  • お話のオチが、哀しい…「〜だったら」「もし〜してたら(しなかったら)」という気持ちが動機になったら、哀しいお話になるんだな…
  • TVドラマを見ておもしろい!と思い漫画も読みたくなって購入してしまいました。期待を裏切らないおもしろさです。整くんと我路くんとの再会を楽しみにしています。
  • 久々に先が気になる漫画で、これからのスキマ時間がとても楽しみになりました。30代後半のおじさんですがどきどきわくわくしています

まとめ

ミステリと言う勿れは最高の漫画です。
私も久しぶりに時間を忘れて楽しむことができました。

この記事を読んだ方もぜひ、私と同じように ミステリと言う勿れ を楽しんでほしいです。

Kindle にはスマホアプリもあります。

休憩時間や電車に乗ってる間でも気軽に読めるので、ぜひ試し読みしてみてください。