マンガ

『ながたんと青と-いちかの料理帖-』を全巻無料で読む方法

『ながたんと青と-いちかの料理帖-』を無料で読む方法を調べました。

『ながたんと青と-いちかの料理帖-』は最高の漫画です。

二人の夫婦のゆっくりとしたでも愛のある生活がとても癒されます。主人公の料理をしている姿はかっこよく、料理工程の作画も丁寧で読んでいてすごくおもしろいです!お気に入りの漫画に決定!!

…と思いました。

そんなながたんと青と-いちかの料理帖-を無料で読む方法を紹介します。

ながたんと青と-いちかの料理帖-

『ながたんと青と-いちかの料理帖-』を無料で読む方法

『ながたんと青と-いちかの料理帖-』を無料で読みたい方のために、すべての漫画サイトを調べて表にまとめてみました。
徹底的に比較検討し、作戦を練った結果、以下の手順で読むのが最もコスパが良いことがわかりました。

  • Amazonユーザーの方は、Kindle Unlimited の30日無料体験を利用する。
  • 次にコミック.jpの無料体験を利用して、1200円分の漫画を無料で読む。
  • そのあとで、U-NEXTの無料体験で600円分の漫画を無料で読む。
  • 無料分を全部読み切ったら、ebookJapanを使って、半額で漫画を読む。

というのが、最も確実かつノーリスクで漫画を無料で読みまくる方法です。ぜひ活用してください。

サイト 特徴
Kindle Unlimited Amazonアカウントですぐに30日間無料体験できる
コミック.jp 30日間の無料体験。1200円分の無料ポイントがもらえる
U-NEXT 30日間の無料体験。600円分の無料ポイントと動画・雑誌見放題
ebookJapan 初回50%オフ。50%分のPayPayポイントがもらえるので実質半額。単品購入ができる
コミックシーモア 先行配信がある。読み放題プランがある
まんが王国 毎日ポイントがたまる。無料お試しページが多い

ながたんと青と-いちかの料理帖- を読んだ人の感想まとめ【ネタバレあり】

参考情報として、ながたんと青と-いちかの料理帖-を読んだ人の感想を集めてみました。

みんなの感想を参考にして、ながたんと青と-いちかの料理帖-を読んでみてください。

  • 4巻まで読みました。面白い。戦後まもなくの話で、未亡人になったヒロインのお仕事と恋の話。周くんの背伸び感が半端ないです。ヒロインはその気持ちの変化に気付かず…仕事に一所懸命で、恋に不器用な時代のお話でした。面白いくて続きが気になります!
  • お互いに相手を思うが故に、なかなか踏み出せない2人がもどかしい!でも簡単にくっついちゃわない、この焦ったい関係性が何とも尊くてよい。二人に幸あれ!!
  • 戦後のまだまだ女性の社会進出が難しい中で、これまた政略結婚の女性が年上の年の差カップル。そんな2人が荒波の中、料亭を立て直していくストーリー。間に出てくるお料理も美味しそうだし、レシピも書いていただいてあるのが嬉しいです。読みホの4巻までしか読んでないのですが、続きがとても気になります。そしてぜひドラマ化希望です。朝ドラでもいけそうだと思うのですが…。
  • 34歳の妻 いち日と19歳の夫 周。政略結婚の年の差婚で、いち日の実家の料亭の経営を立て直さなければ、周の実家に乗っ取られてしまう…。周は大学生でありながら料亭の現在の経営のやり方に異議を唱え、新しいやり方を提案するけれど、敵視されているいち日サイドからは警戒されます。いち日も最初は周に良い印象はありませんでしたが、徐々にお互いの気持ちが通うようになっていきます。様々な人間模様に引き込まれ、いち日の料理解説も美味しそうだし、周の料亭の立て直しの提案も、周の気持ちの変化も目が離せないし、もどかしい二人の恋心も気になって気になって…。どんどん面白くなってきて、ヨミホで読んでいましたが待ちきれず続きを購入してしまいました。続きを楽しみにしています!!
  • 読み放題で4巻まで読んだものの続きが気になって一気に残りの巻も購入!!人間関係も料理もすごく丁寧に描かれていて、はじめは年の差がつきすぎだと思っていた二人の関係も7巻では必然と思えるほどいいスパイスに。二人が徐々にひかれていく様子が、もだキュンです!みっくんも二葉ちゃんも鈴音ちゃんもキュートで、脇役まで魅力的です。料理も美味しそうで、作りたくなるー!これはそのうち実写化しそうな予感がします。
  • 主人公二人の距離感がなんとも言えなくて、じれったいけどそこがいいです。無料版読んだあと、これは買うしないでしょと最新刊まで購入しました。続きが楽しみ
  • 初めは周が真面目そうな面白みのない男なのかなと思いましたが、話が進むほどに魅力的な人だと思うようになりました。主人公のいち日さんも明るくて働き者で、素敵な人。周がメガネを外した顔が好き。
  • 戦後の京都を描いたマンガは初めて読みました。主人公が幸せになって欲しい!読み放題で途中の巻まで読めるのが良いです。
  • 最初は無料で読みましたが、気になって全巻購入してしまいました。のほほんとした二人の進展が早く気になります
  • これは、評価が高いのも頷けます。あっと言う間に7巻まで読んでました。お料理も恋も家族のことも、色々なことがゆっくりと丁寧に進んでいて、はっとさせられました。現代は技術が進んで色々時短出来てるはずなのに、却って時間をかけて物事を進めることが出来ていないような気が…。恋愛結婚ならいざ知らず、お見合いで夫が15歳も年下となると、やはり遠慮や申し訳なさを感じるのは仕方ないと思うけど、二人(いや、三人か)が早く本当の家族になることを心待ちにしてます〜。
  • 主人公の料亭に登場する料理は毎回おいしそうでレシピまで載ってますがやっぱり作る気まで起きず。女性の活躍がまだまだ難しかった時代の先鋭みたいなそれでもって運命と優しさでそういう立場になった主人公の頑張りを応援したいなと思うお話でした。今なら35歳ってまだまだ子どもも産める若い世代ですけどこの時代は完全なる中高年的扱いで旦那が20歳ビジネスライクな夫婦の今後が気になります。
  • 主人公の政略結婚から始まり、まわりも含めてじわじわ寄り添っていく模様。仕事面ではいち日さんを、恋愛面では周さんを応援したくなる。表紙の絵は古いイメージを与えるが話にあっているし、内容は頑張った人が報われる流れで気持ちよく読める。絵★★★★★ストーリー★★★★★
  • いち日と周の気持ちが…すごく好きなのにね!とっても好きです。この話。お互い信頼し合っていて、料亭を守るために必死な姿が心打たれます。
  • 無料で読んではまって、続きを買っちゃいました。家族の様子や、主人公夫婦が寄り添う過程がほのぼのします。美味しそうな料理も楽しみの一つですね。見てるとお腹が空いちゃいます。しかしいつまでも「いつか外に出してあげる人」って見られている周さんが気の毒。頑張ってラブラブアピールしてるのに通じない姿が不憫になって来ました・・笑。いち日さんの気持ちもわからないではないし、優しさなのもわかるけど、一年以上夫婦として暮らしたんだし、そろそろ家族の内側に入れてあげて欲しいなあ。逃げてばかりいないで、向き合って話し合いしてあげて欲しい。個人的な好みですが、今の鈴音ちゃんは何がしたいのかわからないし、自分たち夫婦が上手くいってないからってよその旦那さんになった周さんに寄りかかるのが好きになれないです。でもきっといち日ちゃん達に関わって、俺様旦那が変わって良くなって行くんだろうなあ。強い嫁さんになりそうな鈴音ちゃんが楽しみです。
  • 無料分を購入して、気づけば出てる分を全巻買ってました。二人が夫婦らしくなっていくのが楽しいです。いち日ちゃん幸せになっておくれー!
  • テンポがいいのに、すごく丁寧。表面は淡々としているようだけど、ゆっくりと惹かれ合っていく二人がもどかしい。
  • 試し読みではまって、一気に最新刊まで購入しました。戦後を舞台に、戦争未亡人の34歳ヒロインと契約結婚した19歳の年下ツンツン大学生の夫が、傾きかけの実家の料亭を立て直していくお話です。料理人のヒロインが考えるメニューはとても美味しそうで、まかない飯もお金払うんで食べさせて下さいって思いながら読んでます。そんなお話の中、のんびりと2人の心が近づいて、自覚してからの夫の周さんがぐいぐいくる!若いっていいなぁ…
  • 老舗料亭を立て直すべく夫婦となった2人。お互い好きな人は別にいるが、立て直しに奮闘していくうち惹かれあっていく…徐々に近づくふたりの気持ちがもどかしく暖かく、こころがじんわり温まる作品です!主人公も大人で物静かなのでとても好感もてるのもいい。ストーリーのテンポも心地よく、穏やかな気持ちで読める。かといって、一切退屈はないし無駄もないのでとても読みやすく、続きが気になる作品です!
  • 無料分を読んで好みだったので、少しずつ揃えようかと思ったら面白くて早々に現在の最新巻まで購入してしまいました。他の方のレビューにもあるようにストーリーは朝ドラのような雰囲気です。いち日と周によって桑乃木が良い方向に変わっていく様子、二人の夫婦としての関係が少しずつ近づいていく様子に夢中になってしまいます。続刊を楽しみにしています。
  • 2巻まで無料だったので読ませていただいたところ、なにこれーー!面白い!となり、ちょっとずつ買い進めるつもりが結局一気に7巻まで購入してしまいました。以下ネタバレ含みます。一回り以上年齢の違ういちかちゃんと周さんがひょんなことから夫婦になり、ぎくしゃくしながら、たまに反発しあいながらも助け合い、実家の料亭を立て直すストーリー。出てくる料理もとてもおいしそうなこともあり、その部分も読み応えがありますが、二人の距離の縮め方がもどかしいようでとても素敵です。お互い好意を持ちながら、最初は気づかない、でもだんだん自分の気持ちを否定できなくなる二人がとても可愛いです。意外にも周さんの方が先に前に進もうとする姿が見れて、頑張れー!と声を大にして応援しています。周さんがたまにいちかちゃんに触れたくなってしまうシーンはキュンとします。みっくんと三人でずっと幸せでいて欲しいです。また、毎回の扉絵もとても素敵で、どういうシチュエーションなんだろうと考えてしまいます。この先も長く続いて欲しい作品です。

まとめ

ながたんと青と-いちかの料理帖-は最高の漫画です。
私も久しぶりに時間を忘れて楽しむことができました。

この記事を読んだ方もぜひ、私と同じように ながたんと青と-いちかの料理帖- を楽しんでほしいです。

Kindle にはスマホアプリもあります。

休憩時間や電車に乗ってる間でも気軽に読めるので、ぜひ試し読みしてみてください。