マンガ

『雷神とリーマン』を全巻無料で読む方法

『雷神とリーマン』を無料で読む方法を調べました。

『雷神とリーマン』は最高の漫画です。

この作品はBLという括りでなく、人としてどう生きるかって凄い、壮大なテーマの中で話が進んでる印象でした。神が人間になる、という想いが叶わなくて逆に良かった。BLを読まず嫌いしてる方にもぜひ読んで欲しい作品。

…と思いました。

そんな雷神とリーマンを無料で読む方法を紹介します。

雷神とリーマン

『雷神とリーマン』を無料で読む方法

『雷神とリーマン』を無料で読みたい方のために、すべての漫画サイトを調べて表にまとめてみました。
徹底的に比較検討し、作戦を練った結果、以下の手順で読むのが最もコスパが良いことがわかりました。

  • Amazonユーザーの方は、Kindle Unlimited の30日無料体験を利用する。
  • 次にコミック.jpの無料体験を利用して、1200円分の漫画を無料で読む。
  • そのあとで、U-NEXTの無料体験で600円分の漫画を無料で読む。
  • 無料分を全部読み切ったら、ebookJapanを使って、半額で漫画を読む。

というのが、最も確実かつノーリスクで漫画を無料で読みまくる方法です。ぜひ活用してください。

サイト 特徴
Kindle Unlimited Amazonアカウントですぐに30日間無料体験できる
コミック.jp 30日間の無料体験。1200円分の無料ポイントがもらえる
U-NEXT 30日間の無料体験。600円分の無料ポイントと動画・雑誌見放題
ebookJapan 初回50%オフ。50%分のPayPayポイントがもらえるので実質半額。単品購入ができる
コミックシーモア 先行配信がある。読み放題プランがある
まんが王国 毎日ポイントがたまる。無料お試しページが多い

雷神とリーマン を読んだ人の感想まとめ【ネタバレあり】

参考情報として、雷神とリーマンを読んだ人の感想を集めてみました。

みんなの感想を参考にして、雷神とリーマンを読んでみてください。

  • いまモーレツに感動してますたまに人生でこういう気持ちにさせてくれる作品に出会える奇跡に感謝シーモア島で何度か紹介されていて、いつかは読みたいと思ってましたが、一度、絵が入りづらくて挫折。(BLばかり読んでるので青年漫画系が見馴れなかった)でも、絶対に良いハズ!と思ってお安くなってる今(4/14まで)、まとめ買いしました。 泣けるよ〜と紹介されると、泣きたくて読むくせにちょっとだけ涙が引っ込んじゃうくせがありますがそれでも嗚咽すること数回。紹介してくださった皆さん、フォロー様方そして何より作者様、ありがとうございました。願わくは世界中のひとがこのような、人間や、人生を尊いものだと思える機会に出会えますように。何度忘れてもまた思い出す機会に恵まれますように。
  • 初めはゲラゲラ笑って、途中からボロボロ泣いて、とても心動かされる作品でした。人とか性別とか越えた愛しい存在、大村と雷神の素敵な愛のお話。読後、時間の無情さ、毎日を大切にしたいと思わせてくれる作品でした。絵が好みじゃないとか、ムキムキはちょっと‥とか、読み出すとそんな事は微塵も気にならなかったです。この作品を島で知ることができ、感謝です。これから先、何度も読み返すだろう大切な作品になると思います。たくさんの方に読んで欲しい。個人的にDK時代、“雷ち” て呼ばれているのが可愛いくて好きでした。
  • かなりの高評価に興味を持ちましたが、絵柄が苦手だったので読むか迷いました。がっ!!!!!本当に読んで良かったです。最初は、ちょっとBL風なギャグ漫画かなと思ったけど、まさかこんなに号泣するとは…あかん…思い出しても涙が…泣とにかく、最後の最後まで読んで欲しい!RENA先生。こんな素晴らしい作品をありがとうございます。
  • シーモア島のオススメを見ていて気になって購入。神様と人間…どんな風に共にあれるのか…ラストわかっていても涙がでました。当たり前の日常を大切な人と共にいられる幸せを痛感しました。とても素敵なお話でした。
  • 絶対に5巻まで買って読んでください。読み終わったあと絶対に買ってよかったなと思えます。普段BLはエロ特盛しか読まない私ですがはじめてエロ無しで良いと思いました。むしろBL漫画だから男性や腐女子ではない方に手に取ってもらう事が少ないのが悔しいくらいです。全人類に読んで欲しいと心から思います。こんなに素晴らしい作品に出会えて幸せです。ありがとうございました。
  • よく名前が上がってるので、ちょっと前に1巻だけ読んでいました。面白いけど、神様と人間って人間亡くなった後永遠の孤独やん、ハッピーエンドなるんかな?と思ってそれ止まりでした。今回、やっぱり気になって、続きを読んでみることにしました。何故読まなかった!2巻雷遊が学校に行く辺りからさらにパワーアップしてめちゃくちゃ面白い。主要登場人物全員最高です。(漢字多い!)大村も、いつ亡くなってもおかしくない位疲れきってたのに、雷遊の登場で巻が進むにつれ本当に優しい笑顔になって、人柄も変わって行きましたね。この漫画を愛する人と語り合いたいです。昨日の夜から徹夜で読みました。巻が進むと面白いだけじゃなく、切ない展開に。。最終巻はどこでというより、全部が切なくて泣いてた。ただ泣くだけじゃなく、胸が苦しかった。漫画で胸が苦しくなる事ってあまり経験したことないです。面白いシーンも多いけど、大村がどの時間も大切にしようとしているのが泣けて。笑いながらも、切なく涙が出ました。本当、この作品を知れて良かった。作者様の知識も凄くて、裏表紙の雷豆知識とかもへぇーでした。読後感が凄くて、何度も思い出します。えちがないのが、またイイ!四国の田舎も最高に雰囲気あって良かったー。薪でお風呂とか、どのシーン も幸せしかなかった。優しい作品でした。はぁー、胸が温かくなった。紙本揃えて回し読みするつもりです。名作中の名作、KING OF KINGです。読んでない方がいらしたら、途中で止めず最後まで読む事をお勧め致します。これを読んでいない人生って考えると、ゾッとします。はぁー、出会えて良かった。
  • 絶対好きだとわかってるからもったいなくて読めてなかった作品のうちのひとつ。フォローしてる方々涙の絶賛、島でもオススメされてハズレようもないです。なんとなくそろそろかな〜と思って一気読みしてレビュー星10連打で速攻神作品本棚行き。絵柄は私の少し苦手なタイプの少年マンガっぽい筋骨隆々の男性メイン、でも読んでるうちに全く気にならなくなりました(ガチムチ好みの方にはどストライク間違いなしの超大型×大型)。ジャンルは女性マンガで外見男同士の恋愛、幸せなシーンはあれど絡みはほぼ全くないので背後気にしなくて良いです。だから普段BL読まない人にこそぜひ読んでもらいたいな。ある望みを持つ葛藤がBLでないと成立しない展開なので。世界に没頭してほしいから、できればひとりで読んで泣く準備もしておいて。私は子どもの送迎帰りに、5巻のあるシーンのセリフがラストでその通り約束を守ったことに思いいたってひとりで涙流しながら運転してました。作者さんはTwitterのトップ連作画像にあるラストシーンを最初に決めて、それに向かって丁寧に5巻をかけて物語を紡いでいるはず。所々にふたりのこの先を予感させるモノローグがあって、再読するとまた胸にくるものがあります。これから読む方は、もしできればTwitterやpixivのラスト試し読みを見ないで作品を読んでほしいな。出会いから最後まで全部通して読んだ時に、ふたりで共に食卓を囲んで笑い合う普通の日々、辿ってきた人生の道のりの約束の果てに、あのラストがあることがわかるから。仕事ハードで失恋もして人生に疲れてるゲイリーマンの大村のところにある日雷神が下りてきた。筋骨隆々の雷遊と名乗る奴は偉そうな態度で(神様だから当然)、自分を人間にしろという。流されるように同居生活を始めてしまった大村は、雷遊に人間になれるよう色んな経験をさせて、小さくなれる雷遊に高校へ通わせたりもする。学校生活では友達たちと楽しいわちゃわちゃも読めたり、友情にホロリとさせる所もあり、毎日の生活で神様ならではの笑えるシーンもたくさんあって、笑って泣いて人間とは何かをずっと描いて読み応えたっぷりの果ての5巻。。人間の命には限りあるから一生懸命生きる、そして人間と神とは生きる時間が違う、わかってはいたことなんだけど。pixivで読める「星が廻った後に」はラストシーンのその後、あるかもしれないお話。本編読了後に読んでね。
  • たまたま手に取った作品で、読んだらハマった。純粋な気持ちが、嬉しかったり、苦しかったり。。。最終巻、泣く。夜中に読んで泣いた。めちゃくちゃいい作品。友達にもオススメしたいー。私の心が汚れてるのが、痛感する作品。あー。。。ほんとにいい作品だった。しみじみ思う。
  • 最初はコメディかと思っていたら、最後は号泣すぎて、もうやばかったです。絶対5巻まで読んでほしい。素晴らしい作品でした。
  • ぼろぼろ泣きました。大好きです。心清らかになりました。こんな作品を作ってくれた作者様に感謝です。大切な人を見つけて大事に生きていこうと思いました。ううう泣ける。。。
  • まだ 2巻までしか 購入しておらぬが レビューを 書かずにおられない。これは面白い!馬鹿笑い出来て 時々 チラッと見せる 暖かい 台詞・コマが本当にたまらない程 愛しく感じる。懐かしいヤンキーッぽい絵柄も 笑いを誘って大変に 読みやすい。馬鹿笑い出来て 感動出来る 良い漫画。
  • 生まれて初めてレビューを書きます…試し読みから、最初は大村さんと雷神・雷遊との掛け合いが面白くて気づいたら一気に全巻を購入していました。たくさん感想を述べたいところなのですが、ネタバレレビューなしで全人類に手に取ってもらえたらと思い…どうか『最終巻の最後の最後まで』読んでいただきたいです。自分が生きていく長くない一生の中で、この宝物みたいな作品に出会えて本当に良かったです。
  • こちらの作品は高評価レビューで溢れていたので、良い作品だろうなぁとは思っていました。あー、涙が…。雷神とリーマンの愛の物語。ここに描かれているのは、究極の幸せのかたち。私にはそう見えました。私の拙い言葉ではこの感動を表現しきれないけど、是非皆さんに、多くの人に読んでいただきたい作品だと思いました。
  • たくさんの高評価のレビューを読みながら、ずっと購入を迷っていましたが、読み終わった今は、もっと早く読めばよかったという思いと、もっともっとこの作品に触れていたかった終わって欲しくなかったという思いで複雑な心境です。月並みですが、本当にすてきな作品でした。ありがとうございました。
  • 涙なくしては見れないのに幸せな気持ちにもなれるし、コメディ調で笑えるところも随所にあったり、色々な要素が詰まっている作品です。もし購入を迷われている方がいたら胸を張ってお薦めしたいです。この作品を読んで、美味しいものを食べたり、人肌の温もりを感じたり、普段の何気ない日常が実はとても幸せであることを改めて感じることができました。
  • なにこれ…1巻からグッと泣けてくる…!雷遊のひとことひとことが本当に深くて…(涙) 人間生活当たり前に送ってるひとコマひとコマがこんなにも尊いのか…と感じさせてくれる作品。胸熱で涙が自然に溢れてくる…。でも…ちゃんとクスッと笑えるシーンもあって…本当に愛に溢れた温かい作品。全人類への愛の賛歌。星5じゃ足りない!最&高!
  • 読み終えたとき、きっとこの物語を必要とする人がこの世に確実にいる作品だという思いが湧き上がってきました。 はじまりは、働き過ぎの関西弁リーマン大村が帰宅するとなぜか雷神だという雷遊が部屋の中にいて、自分を人間にしろ、代わりに満足を与えてやると言う。この後のコミカルなやりとりだけでも漫画として充分面白いのだけど、この大村、少し人と違うところがありました、実は彼はゲイだったのです…。 次第に大村が感じている社会的疎外感や家族との障壁が登場してきて、最初の軽快さと、大村の内面のハードさのギャップがそのしんどさを引き立てて、切なさが浮かび上がる。 そんなときの雷遊の振る舞いや、語り…特になぜ人間になりたいと思ったのか…によって、自然とああ人間として、生きているだけで素晴らしいのだな、人は人との関係で苦しんだり傷ついたりしているけれど、人間同士で傷つけ合う必要なんてないではないか…という気持ちが湧き起こってきて、涙が溢れて止まらなくなったのです…。雷遊の言葉が、人間の視点ではないんですよ、本当に神のお言葉のよう…ちゃんと漫画なのに!私の中ではカルチャーショック級の衝撃。決して説教じみてない。漫画だから素直にメッセージを受け入れられて、胸を直撃した。そんな感じ。 同時に、自分は典型的な日本人的な無神論者。それは、信仰を持つことで自分の中の大切な部分を明け渡すことに対する本能的な恐怖があるから。ただ、そんな自分でも迷ったときには、誰かに頼りたくなるわけです。そんなときは、場面ごとに、あの人ならこういうときどうするだろうか、と考えて判断の一助にすると、最後は自分で決断することで少し客観的に考えられる気がしている。この自分の内心の友に雷神の雷遊を加えたら、きっと自分に染み着いた常識とか一般的な価値観から離れた視点を持つことができるのではないかしら。それって、きっとこの社会の中で個人の尊厳が損なわれていると感じている人、生きづらさを感じている人にとって、救われた気持ちになることではないかしら…と読み終えたとき思ったのです。 あんなに目の下にクマを作っていた大村が雷遊と一緒にいることで生まれ変わったようにいい顔をするようになったのも、同じ理由からのように思えて。 読んだら人におすすめしたくなる作品です。おススメに従って良かった!試し読み、無料版で面白そうと思ったら是非一読を!
  • フォローさせていただいている方のレビューやその他の方々のレビューを拝見して、非常に気になり、まとめ買いして少しずつ読んでいましたが、やっと読み終えました。5巻の途中まで何気ないほのぼのした日常で進んでいきます。しかし、その中でも、普段、人間が特に日本人が当たり前にしていることなどを雷遊が疑問に思って聞いてきたりしている場面に「ハッ」とさせられます。雷遊の純粋さに心打たれます。5巻の後半の「忘れる」が当たり前になった時・・・オオムラのセリフもいいし、最後の方の「ここにオオムラが眠っているなんて・・・」あたりから自然に涙がこぼれます。ラストの雷遊が桜の木がなくなるまでそばにいる所なんて・・・。(若くて元気なうちは)どこまでも続いていくように思える日常、でも終わりが必ずあって。登場人物が人間同士ではなく、永遠に生きる神(雷遊)と必ず老いて死ぬ人間(オオムラ)だからこそ、より「生」が際立って切なさを増しています。最後まで読んでもう一度、読み返したくなる作品です。
  • 5巻を読み終えて、感動に震えています。フォロー様のレビューと作者様の素晴らしい作品に出会えたことに感謝します。きっと大村さんと雷遊に何度も会いに行きます。とても大切な作品になりました。
  • 面白くて、一気に引き込まれて全巻一気読みしました。そしてじわじわとやって来る感動に、溢れる涙が止めどなく流れて、心の震えがおさまりません。この想いを誰かと分かち合いたい、そんな風に思わせてくれる素晴らしい作品に出会えた事に感謝しています。何度読み返しても、涙が枯れる事がありません。どうか、手に取って読んで下さい。永遠に存在し続ける事で孤独を纏うなら、人間となって生きたいと願う雷神様・雷遊。突然、大村の前に現れて居着くのですが、この雷遊のキャラがとても好き。子供のように無邪気で素直。純粋無垢でまっすぐで真っ白な心。読み進めるほど、私の中でとても愛らしく、とても愛おしい存在となって行きました。二人の間に生まれた絆を見ながら、どのような形でも共にある事を願いながら読んでいました。雷遊が大村と過ごした日々は、確かに人間として立派に生きて来たと思うのです。雷神として目に耳にして来た事は、『記録』として残っていくとしても、雷遊が大村と見た桜の花や水族館や数々の忘れられない『思い出』は、大切な『記憶』で残るんですよね。そうやって過ごして愛というものを知って、愛し愛された事が人として生きた証しなんだと思うのです。最終巻の『二人の一生』はセリフがほとんどなく走馬灯のように流れて巡るのですが、この間は涙が止まりませんでした。命ある限り、共に雷遊と人生を歩む事が出来た大村にとって、生を終える間際まで幸せだった事でしょう。終わりを迎えるその日まで絶えず寄り添い、大村の心臓の音を聞きながら最期を見送り、ずっと離れずにいた雷遊はどんな思いだったのでしょう。愛する者を失い一生独りで遺された者の哀しみを背負う雷遊を思うと胸が押し潰されそうです。その哀しみが『生の痛み』だとしたら、『人間』としての痛みを身を持って知った。共に年を重ねて老いたかったと流す涙は、まさしく至宝の愛なのです。人として生きて、大村と過ごした日々は幸せであったし、雷遊の記憶から消える事はないですね。二人で見た桜の木が朽ち果てるまで、ずっと側を、離れなかった雷遊の愛に涙が止まりませんでした。雷遊の想いは決して朽ち果てない事でしょう。『もう一度会いたい』それは魂の叫び。彼の心の中では、大村はずっと生き続けるのだと思います。深く熱く胸に焼き付けられました。この想いと、雷遊の涙は決して忘れる事は出来ません。この感動を、ぜひ…

まとめ

雷神とリーマンは最高の漫画です。
私も久しぶりに時間を忘れて楽しむことができました。

この記事を読んだ方もぜひ、私と同じように 雷神とリーマン を楽しんでほしいです。

Kindle にはスマホアプリもあります。

休憩時間や電車に乗ってる間でも気軽に読めるので、ぜひ試し読みしてみてください。