マンガ

『リエゾン』を全巻無料で読む方法

『リエゾン』を無料で読む方法を調べました。

『リエゾン』は最高の漫画です。

以前はいまいち発達障害について理解していなかったけど、この本を通して発達障害を持った方たちや親の苦悩について少しでも理解することが出来たように感じます。勉強になります。

…と思いました。

そんなリエゾンを無料で読む方法を紹介します。

リエゾン

『リエゾン』を無料で読む方法

『リエゾン』を無料で読みたい方のために、すべての漫画サイトを調べて表にまとめてみました。
徹底的に比較検討し、作戦を練った結果、以下の手順で読むのが最もコスパが良いことがわかりました。

  • Amazonユーザーの方は、Kindle Unlimited の30日無料体験を利用する。
  • 次にコミック.jpの無料体験を利用して、1200円分の漫画を無料で読む。
  • そのあとで、U-NEXTの無料体験で600円分の漫画を無料で読む。
  • 無料分を全部読み切ったら、ebookJapanを使って、半額で漫画を読む。

というのが、最も確実かつノーリスクで漫画を無料で読みまくる方法です。ぜひ活用してください。

サイト 特徴
Kindle Unlimited Amazonアカウントですぐに30日間無料体験できる
コミック.jp 30日間の無料体験。1200円分の無料ポイントがもらえる
U-NEXT 30日間の無料体験。600円分の無料ポイントと動画・雑誌見放題
ebookJapan 初回50%オフ。50%分のPayPayポイントがもらえるので実質半額。単品購入ができる
コミックシーモア 先行配信がある。読み放題プランがある
まんが王国 毎日ポイントがたまる。無料お試しページが多い

リエゾン を読んだ人の感想まとめ【ネタバレあり】

参考情報として、リエゾンを読んだ人の感想を集めてみました。

みんなの感想を参考にして、リエゾンを読んでみてください。

  • 発達障害についてていねいにかかれています!ヒロインのまっすぐな性格も好感がもてるし、こういう人いるなー、と感じます。継続して読みたいです!
  • 読み放題にて。気になっていた作品だったので読めて嬉しいです。研修医である主人公が、精神科の医師と出会い小児精神科の道を志すストーリーです。主人公本人も発達障害を患っていることがわかったり、それぞれの子供の病状のエピソードなどリアルに描かれていてとても興味深いです。ひとつの症例として気になったのは、非行少年のお話。別の本でも、非行に走る子は、そうでない子に比べ発達障害を患っている子の割合が高いというデータがあって、こちらのケースの子もそれに違わず知能指数が非常に低い。そう言った子が施設に入れられ、実の母親には歓迎されず、受け入れてもらえない環境。もし施設を出てもこれじゃまた、問題を起こしてしまうのでは?と素人が見ても思いました。でも、親だからと言って全てを受け入れられる訳じゃないのも理解できるし、発達障害が珍しくなくなった今、個性のひとつと言われても現実問題生きにくいし周りに理解されにくいのは変わらないですよね。自分の我が子がこうだったら、自分は受け入れられるのか、とか。一緒に仕事をする人だったら?どうするのが、お互いにとって負担が少なく幸せなのか…答えが出ませんでした。でも実際にこういう子がいて、困ってるのが事実なので、辛い思いをしている子が少しでも少なくなればいいな、と思います。
  • 4巻まで読み放題対象で読めます。ずっとタイトルが気になっていたんですよね・・・「リエゾン」とは・・フランス語で「連携」や「橋渡し」とかいう事らしいのですが・・、正にそんな「橋渡し」をしてくれる児童精神科医のお話しになります。時には親と子供だったり、はたまた児童養護施設だったり支援学校だったりと色んな意味での橋渡し・・・って感じです。主人公は小児科の研修医:遠野志保。ドジでおっちょこちょいな性格・・・なのですが、それだけでは済まされない大きなミスをしてしまいます。そこからお話が「発達障害」の方向へ進んでゆきますが・・・その手の本だったりも最近色々増えてきて、情報として頭に入れる事は可能なんですが・・・なかなか「じゃあどうしたらいいのか?」まで書いてあるものって、意外と少ないんですよね。「発達障害とはこんな種類があってこんな特徴です」とか。でも実際に生きづらい人達にとっては病気だったことに安心はするのですが、実際にどうやって生きていったら少し楽に生きられるのかな・・っていう事が知りたいわけなんですよね。だって治るとかいうものじゃないんですもの(^^;それがちょっと解りそう・・・なのがこの作品だと思います(^^この作品では、色んなタイプの発達障害の子供(時には大人も)達を描いていますが正直内容は重たいです・・だってリアルですもの。だけど悲しいとか辛いとか、それだけを描写しているのではなく、こうしたらいんじゃないか?とかこういう方向もあります、とか対処法を教えてくれているんです。時には、それさえも難しい事もあるんですが・・・でも、結局受け止めてくれる誰か、一緒になって考えてくれる誰かがいてくれる事で少し楽になることもあります。真面目な内容ではあるのですが、発達障害の主人公:志保自身は大変元気で明るい性格で、子供たちを何とかしてあげたい気持ちが強い熱いコなので、コメディ的要素もあって少し軽い気持ちになります(^^ただ、普通の人に刺さるのかどうかは解らないです。実際そういうシーンもありますが、この障害を理解するってなかなか表立って見えるものじゃないから難しいですよね。でも、意外と世の中には存在していて「生きづらい」って思っている人が身近に居る事を理解してくれると嬉しいですね。(って、当事者は思います(^^)
  • 彼女が発達障害、また自分にもその傾向があり、発達障害への理解が少しでも深まればと思い読みました。向き合い方を教えてくれるとてもよいお話だと思います。
  • 出産を機に発達障害への関心が深くなり、読み始めました。自分の子どもへの接し方等考えさせられることも多く読んで良かったです。涙してしまう話も多々ありました。
  • 自分も子育てをしているから、ちゃんと育てられているか、間違えていないか、不安になるから必死に、過剰に、周りの目を気にして子ども本人の事を見られなくなったりします 発達障害の人に、普通の人でもよくあるよー、同じだよ、って言いがちだけど、それは余計に苦しめるって事がわかりました
  • 主人公の女医さんは発達障害があって、かつお母さんがワンオペで、初めての育児で育てづらさもあり、育児ノイローゼがあって、ネグレクトに発展したケースかと。何人かの人が言うような、ネグレクトからの発達障害という解釈はできなかったので謎でした。医大生時代の先輩や研修医のオーベンからの指摘で発達障害を疑われる流れも、それほど違和感を感じないのは私だけでしょうか?良し悪しは別として、医大は意外と体育会系なのところも多いので割とそんな引き継ぎされるのも当たり前かなぁ、なんて…。とても勉強になります。絵も可愛らしくて読みやすいです。きれいな世界でまとまっているし、素人には難しいところはありますが、入門書としては良いです。
  • 自分の子どもも障がい児なので読み始め、すこししんどくなって途中でやめました。それくらい障がい児の親の気持ちもリアルに描かれています。泣けるし絵も見やすいし、いい漫画だとは思います。3巻を読み終えて休憩中です。『どうかこの子がいじめられませんように』という気持ち、痛いくらいよくわかります。
  • 医療従事者ですが、リアルな描写もあり、もしかしたらトラウマがある方などは注意が必要かもしれません。ただ、現実をしる、世間を知るなどは必要なのかも、です。出来ることはなにか、と色々と考えさせられました。
  • 以前はいまいち発達障害について理解していなかったけど、この本を通して発達障害を持った方たちや親の苦悩について少しでも理解することが出来たように感じます。勉強になります。
  • 誰もわかっている様で何も理解していなかった事に気付かされる作品です。最近よく聞く「発達障害」という言葉を聞きますがどれ程の事を私たちは理解しているでしょうか?この作品は愛情をもって教えてくれる素晴らしい作品ですです。是非、読んで欲しいです。
  • 発達障がいやヤングケアラーなどタイムリーな問題のリアルとフィクションがいい感じに混ざっていて、とても読みやすくて分かりやすいです。このストーリーのように理解がある環境が現実に整えば、みんながもっと生きやすくなるだろうな…と感じました。続きが気になります!老若男女問わずみんなに読んでもらいたいです。
  • 自分自身にこういう医療関係の漫画を見るのが好きで、他にもこういった漫画を見たことがありますが、リエゾンは今まで見た中で一番すっきり見れる内容だなと思いました。色々な症状やこういう子がいるのかーと新しい知識も得られるいい漫画だなと思いました。
  • こう言った漫画がもっと早くあったらなぁ、と思った漫画でした。子供はいないけど、私自身たぶん発達障害に当てはまる。でも、それを隠さなきゃ生きていけなかった。そう言う人たちの励ましになる漫画と思う。
  • 自分のことを振り返ったときに子供時代は今のように発達障害という単語は知られていなかった。今は子供から大人まで作品中のいわゆる凸凹にも色々な程度があって、それも個人の成長と共にカバーできたりもすることも。何も知らずに生きてきた人達に彼らのリアルを知るきっかけになって欲しい作品です。
  • とても為になる漫画です。凸凹って表現もよく使うけど、わかりやすく描いてくれていると思います。たくさんの人に読んでほしいです。昨今、発達障害という言葉だけがひとり歩きしてるのではないかと危惧していますが、実情を知るのに良いツールだと思いました。
  • 近年聞く事の多い発達障害。文書だけだと固くなりすぎて読むことがおっくうになりがちな私ですが、漫画だと入りやすかったです。発達障害にも色々な形があって、名前も長いし覚えるのには自分は時間がいりそうです。たくさんの方に読んでいただけると良いなって思った作品です。
  • 凸凹って表現、誰にでも当てはまる素晴らしい言葉です。平面な人なんていない。みんな多かれ少なかれ…なだらかだったり突き刺さりそうだったりする凸凹がある。お互いにその凸凹を思いやれる世界にしたいと感じる「厳しくて優しい」作品です。
  • 昔と比べ多くなった、発達障がいと診断される人々をもとに人の得手不得手などで“普通”とは?と考えさせられるものでした。
  • まだ5巻までしか読んでないのですが、これから何十年も読み継がれるべき作品だと思います。さやま先生の見た目がちょっとアニメっぽいので敬遠されちゃうかな?逆に親しみが湧くかな?日本中の人に読んで欲しいと思いました。様々なことで苦しんでいる子供にスポットが当たった作品ではありますが、同時に親の苦悩も描かれていて子育て中の親としては共感しかありません。とかくこの国は、子供に起こる事象を親の育て方の所為にしがちです。「親の育て方」なんて理論的では無い言い訳に逃げて原因を追求しようとしない。その答えがこの漫画に描かれていると思いました。感情が溢れてレビューをどう書いていいのか悩みます…。発達障害という言葉が流布されて久しいですが、正しく理解している人はなかなかいないと思います。この漫画は難解に絡まったその偏見を、分かりやすくなんとも優しく紐解いてくれていると感動しました。とりあえず文科省はこの素晴らしい漫画を教育現場に寄贈せよ〜「産めよ育てよ」と雑な子育て支援をするよりも、小児科の現状や多様性への理解を進めるなど、お金以外の支援が進んで欲しい。全ての子を平等に幸せに。とは叶わないことでしょう。それでも周囲の理解が深まり、子供達を助ける手が増えて、少しでも楽しく暮らせますように。そう願うばかりです。

まとめ

リエゾンは最高の漫画です。
私も久しぶりに時間を忘れて楽しむことができました。

この記事を読んだ方もぜひ、私と同じように リエゾン を楽しんでほしいです。

Kindle にはスマホアプリもあります。

休憩時間や電車に乗ってる間でも気軽に読めるので、ぜひ試し読みしてみてください。



お金持ちになりたいすべての人にとって、有用な情報が載っているブログを見つけたので紹介します。

エンジニア転職のリアル

私はこのブログを全部読んで、人生変わりました。
この記事を読んでくれた方にもぜひおすすめしたいです。