マンガ

『進撃の巨人』を全巻無料で読む方法

『進撃の巨人』を無料で読む方法を調べました。

『進撃の巨人』は最高の漫画です。

最初アニメを観て原作を読みたくなりました。読んでいて、心が震えるというのか、余韻が収まらないというのか、こんなに読んで衝撃を受けたのは久しぶりです。話の奥が深い。そして、31巻〜ラストの方にくるとエレンの孤独と哀しみがじんじん来る。長編ですが伏線が多く、一通り読んで最後で解ってきたことを頭に入れてもう一度読み直すと登場人物の表情や行動の意味が後にくる出来事につながっていたり意味が深かったりします。アニメも観ると尚リアルになります。アニメのOPとEDも音楽、画像に本編の伏線が張られています。でも、残酷なシーンが多すぎて最初絶対読むの無理と思っていましたが、人の心の機微や考えさせられるシーンがいっぱいあり、目を背けないで読んでいましたよ。

…と思いました。

そんな進撃の巨人を無料で読む方法を紹介します。

進撃の巨人

『進撃の巨人』を無料で読む方法

『進撃の巨人』を無料で読みたい方のために、すべての漫画サイトを調べて表にまとめてみました。
徹底的に比較検討し、作戦を練った結果、以下の手順で読むのが最もコスパが良いことがわかりました。

  • Amazonユーザーの方は、Kindle Unlimited の30日無料体験を利用する。
  • 次にコミック.jpの無料体験を利用して、1200円分の漫画を無料で読む。
  • そのあとで、U-NEXTの無料体験で600円分の漫画を無料で読む。
  • 無料分を全部読み切ったら、ebookJapanを使って、半額で漫画を読む。

というのが、最も確実かつノーリスクで漫画を無料で読みまくる方法です。ぜひ活用してください。

サイト 特徴
Kindle Unlimited Amazonアカウントですぐに30日間無料体験できる
コミック.jp 30日間の無料体験。1200円分の無料ポイントがもらえる
U-NEXT 30日間の無料体験。600円分の無料ポイントと動画・雑誌見放題
ebookJapan 初回50%オフ。50%分のPayPayポイントがもらえるので実質半額。単品購入ができる
コミックシーモア 先行配信がある。読み放題プランがある
まんが王国 毎日ポイントがたまる。無料お試しページが多い

進撃の巨人 を読んだ人の感想まとめ【ネタバレあり】

参考情報として、進撃の巨人を読んだ人の感想を集めてみました。

みんなの感想を参考にして、進撃の巨人を読んでみてください。

  • こんな作品を産み出すことが出来る人類なら、きっと真の平和を産み出すことだって出来るはずだと期待してしまいますね。より多くの人が読み、考える時間を作ることで森を抜けだしたいものです。でも、繰り返してしまうのも人の性質だから最後のページがあるのでしょうね。素晴らしい作品でした。今まで出会ってきた作品のなかで、間違いなく一番素晴らしい物語です。
  • 現代の国際問題を顕すかの如く、洗脳教育や終わりのない憎しみ・争いの連鎖をとことん余すことなく描いた作品だったと思う。人と巨人の争いから、人と人との争い。パラディ島とマーレの争いから、主人公とかつての仲間の戦い。誰よりも自由を願い求めた少年が、誰よりも自由から程遠い短い生涯を閉じたことが、あまりにも救いが無く悲しく思った。誰にも相談できず、たくさんの人の記憶の波に揉まれ、自己意識を見失いそうになる姿は、飛ぶ方法を見失った、囚われた鳥そのものであった。だが、平和を願い和平を結ぼうと努力するかつての仲間の姿を見て安心できた。どんな困難も、エレンの仲間なら乗り越えていける。調査兵団は、如何なる困難があれど進み続けるのだと。ひとつ気がかりなことは、建物の破壊により退廃した都市の中、少年と犬が向かう先で、また悲劇が起きる可能性が示唆されたことである。エレンのお墓の木がとてつもなく大きく成長した場所は、始祖ユミルが巨人の力を得た場所と酷似していた。エレンが自分の命をかけ、仲間を裏切り、愛するミカサに自分を殺す選択をさせ、ユミルの民から巨人の力を解放したというのに、またその力が目覚めてしまうかもしれないという描写である。これではエレンがしたことが無に期してしまう、あまりに報われない最期だと思った。悲劇の連鎖は繰り返してしまうものなのか、そう思った。戦いの中に様々なテーマを織り込んだ、考察が捗って仕方の無い作品だった。この作品をほぼリアルタイムで見ることが出来た時代に生まれたことに感謝しかない。もう一度、最初から見返したくなる作品である。グロテスクで目を覆いたくなるシーンも多々あるが、本当に良い作品だった。
  • 言わずと知れた名作です。アニメ一期が話題となってもうすぐ10年。アニメを主軸に見ていたので、season3くらいからずっと冷たく悲しい辛いエレンばかり見てきてました。最終巻、エレンは報われたのか分からないけど、、本当に色んなことを考えさせられる作品です。個人的には何度も読み返したい名作だと思います。巨人を一匹残らず駆逐するというセリフが敵を一匹残らず駆逐するに変わり最終的に、巨人という存在を一匹残らず無くす、という事がなされています。本当に沢山の意味を含ませていて、単に1つの作品を読んだという枠を超えていると思います。何故そんなに話題なの?と思う人は本当に最後まで見てみてください。何か価値観が変わるかもしれないです。宗教勧誘みたいなコメントになりましたが、喪失感、感動、達成感、安心感、何だかよく分からない色々な感情になります。そしてそれが、うわ、神作品かよ。というところに落ち着きます。アニメラストも本当に楽しみです。とにかくとにかく読んで、アニメも見てください。
  • とても面白かったです。皆人間味に溢れていて感情移入してしまいました。戦争の辛さやなぜ戦争が無くならないのかなど色々と考えさせられる作品で面白さ以前に道徳的に素晴らしかったです。
  • 引き込まれました。まだまだ一巻なのにせていしりょうから重厚なせかいかんが読み取れて今後が本当にたのしみです。キャラクターも魅力的でした。ただこの時点でまあまあ人が死んだり流血描写などがあるので苦手な方は気を付けてください。これらが大丈夫なかたでしたら是非読んでください。
  • 最初はあまり興味がなかったのですが、一度よんだらハマってしまうような深い作品でした。話が作り込まれていて、とても面白かったです!
  • 昨年アニメのOPをたまたまYou Tubeで観て、進撃の巨人=敵は巨人の話のイメージだったのに核爆発とか第二次世界大戦をオマージュしたようなOPで、え?進撃の巨人てどういう話?と気になってしまい全話観ました。何で今まで読まなかったんだろうと後悔。今では大好きな作品です。
  • TV放送もだんだん終盤になってますが、ストーリーが長いのでどこかを見忘れて、頭混乱してます。漫画購入でしゅうせいた!
  • 壁の上から覗く超大型巨人の迫力、絶望感がとても感じられた。今放送中のアニメの内容を知っていると新しい視点から楽しむことができて良かった。
  • 初めて読んだのは2巻発売の頃で、知人からなんとなくの世界観を聞いてパラパラと1巻を捲った時でした。壁の外に巨人がいて、人間を食べる。主人公はそれを駆逐したい、とそれを聞いた時、「そんなの無理でしょ」と思いました。実際1巻冒頭で兵士が「なんの成果も得られませんでした」と言っていて、まずそこで手が止まってしまいました。こんな無謀なことは無理だと思い、それ以上残酷な描写に耐えられず続きを読むのを断念しました。それから時が経ち、アニメが放送開始されて再びこの世界を見るようになって、エレンが食べられてしまって「え?これ主人公交代制なの?どういうこと?」と困惑してから本格的にこの作品にハマり、気がついたら単行本、そして最後は本誌派になっていました。自分で「そんなの無理でしょ」と言った時のことをよく覚えているので、本当に壁の外の巨人を一掃して海を見た時、心の底から感激しました。漫画のストーリーとはいえ、進み続けたエレンたちがそれを達成したとき、無理と思った人には一生できないことだと思いました。序盤は巨人との対決の中で、一人や一時代では達成できなくても「次の生者に意味を託す」と、時を超えて物事を成すということに震え、マーレ編ではカヤとガビの生まれ育った環境に植え付けられた敵対感情と、歴史がそうだとしても「私のお母さんは何もしてない」という、憎しみの連鎖に深く考えさせられました。個人的に好きなのは、エルヴィンやハンジが子ども達の見ていないところでそれぞれがリヴァイに弱音や本音を吐露するシーンです。普段みんなの指揮をとっている人たちが弱々しく前線から退きたいというような言葉を発し、どちらもリヴァイがたしなめるということがありましたが、どんな立場でも不満を口にする市民や下級兵士と同じく人間味があり、辛い気持ちがあるというのが見えて、だからこそそこから奮起する二人がかっこよかったです。最後、単行本最終巻で本誌最終話に追加エピソードが加えられました。それを読んでやるせない気持ちになりました。エレンがしたこと、その後アルミンたちが立ち上がったことはなんだったんだと。どうして人間は同じことを繰り返してしまうのか、完全なる解決はないのか。でもこれが生々しい人間らしさで、ミカサが最初から「この世は残酷なんだ」と言っているように、進撃の巨人という作品のブレ無さなんだと思います。
  • 最高の漫画であり、いままでみた漫画の中でとても面白く、いくら見ても飽きないさいこうの漫画です!!!!
  • 一度も作品は観た事がなかったのですが、アニメなどから何となくバケモノと戦う感じなんだろうな。と思って全く興味がありませんでした。ところが!!無料だったので、どんなものかと読んでみたら奥が深くてどんどん読み進めて結局クーポン使って最後まで読んでしまいました。戦う理由がどちらにもあって、そうせざるを得ない状況が何とも言えない気持ちになり、読んでいて辛かったです。最後の結末は私にとっては納得できる内容でした。戦争って命を奪う事は決して許されるものではないけれど、それぞれの言い分や思う所、立場があり、色々と考えさせられる作品です。
  • とにかく面白い。実写は観たけどマンガは初めてみた。見事にドハマリしました!!無料分だけしか読んでないけど、アニメも見て更にドハマリ!!それぞれ皆に色んな物語がある。本当感動する。ハラハラしっぱなしだし胸がぎゅってなった。
  • とにかくエグい!!テレビではなかなか見れない絵を見れたりするから本当に最高有名どころだけあってすごく面白い
  • 進撃の巨人は最初はただ巨人と戦う話だと思っていたのに展開が怒涛すぎて気づいたら完結してました、、、なんといっても今の現代に響く話なのではないでしょうか、沢山の人に読んでいただきたいです。
  • 途中経過がつらくて長く作品から離れていましたが、完結した上で伏線がやばいという噂を聞いて出戻ってきました。長期連載は途中までは最高に面白くても、後半で………とよくなるので、進撃にもおそるおそる手を出しました。失礼。こんなすごい漫画、一生のうちに何本出会えるかな。出戻り勢は時間のある時に一気読みをおすすめします。
  • 34巻まであるが題1話から伏線が貼られていて人間対巨人の構成が23巻で別の意味に変わっていくのを知った時鳥肌を覚えた。全て読み終えて某動画サイトなどで上がっいる解説動画を見るとここまで考えて描いていたのかと衝撃を受けるほど伏線が貼られていて作者の頭の良さを感じた。
  • こんなに面白い漫画を読んだことがありません。これほどまでに伏線が張り巡らされた作品は稀だと思います。回収も見事でした。戦争が無くならない理由がよく分かる、考えさせられる作品でした。ハッピーエンドは無いと分かっていましたが、世界があまりにも残酷でハードモードで。涙が止まりませんでした。来世では幸せになって欲しいです。
  • これ以上の芸術作品は存在し得ないでしょうダハハハハッ
  • 個人的には絶対見たほうがいい漫画伏線が神がかり的でその伏線が回収されると鳥肌が止まらない見たほうがいい

まとめ

進撃の巨人は最高の漫画です。
私も久しぶりに時間を忘れて楽しむことができました。

この記事を読んだ方もぜひ、私と同じように 進撃の巨人 を楽しんでほしいです。

Kindle にはスマホアプリもあります。

休憩時間や電車に乗ってる間でも気軽に読めるので、ぜひ試し読みしてみてください。