SIerはなぜヤバいのか、大手SIの中の人が本気で考えてみた

SIerはやばいやばいと言われますが、何がやばいのかを考えてみました。
大手SIerで10年以上働いてきて、「この会社、やばいな」と思ったことは何度もあります。

「うちの会社、やばくね?」

と言う人もたくさんいました。

「やばい」と言われても、業績は安定しているし、給料も年功序列で上がり続けます。

では何がやばいのか?
SIerの中の人が「やばい」というときは、以下のような状況を指します。

  • 使っている技術が古すぎてヤバい
  • 専門性が身に付かなくてヤバい
  • 大企業病すぎてヤバい
  • 仕事の進み方が遅すぎてヤバい
  • 残業時間が長すぎてヤバい

一つ一つ見ていきましょう。

使っている技術が古すぎてヤバい

SIerの開発で使われている技術は20〜30年前の最先端です。
日進月歩のITの世界で、SIerほど進歩の恩恵を受けていない業界も珍しいでしょう。

テストは自動化などされず、Excelの一覧を上から順番に実行。
Excelにテストの証跡を残して「エビデンス」という。

ガチガチに閉じられたネットワークの中で、Dockerなど使うことは許されず、SlackやGitHub は使えません。

バージョン管理は「書類の名前_20210124.xlsx」みたいに、ファイル名+日付で行われます。

Subversionすら使えない人もたくさんいるのです。

BitBucketとGitの違いもわからない人がいて、心底驚きました。

別企業に丸投げしたシステムのソースコードがBitBucketで管理されているので、

「BitBucketで使っているバージョン管理システムはGitですか?SVNですか?」

と社員の人に聞いてみたら、

「バージョン管理システムはBitBucketだから」

と返されました。

BitBucketはVCSのホスティングサービスなんだが…
バージョン管理システムを使っているとはいえ、使い方は全くわかっていませんでした。

全てをパートナー企業に丸投げしていたのです。

バージョン管理は知らない。
JavaScriptとJavaの違いもわからない。
テストは絶対自動化しない。
「運用チーム」にいるはずの人が「DevOps」という単語の意味がわからない。

これがSIerのレベルです。
こんな人達がシステム開発をしているのです。

ヤバいでしょう。

SIerでは専門性が身につかないのではないか、という疑問について考える

専門性が身に付かなくてヤバい

SIerで40代になると「専門性を身に付ける」なんて考えなくなりますが、若手の人は危機感を抱いていると思います。

「この会社で永遠に書類仕事をしていて、自分に何の専門性があるのだろうか」

と。

その危機感は正しく、SIerで専門性など身につきません。

ひたすらに身内向けの報告資料を作り続ける日々。

「社内標準」に合わせてプロジェクト管理をすることばかりを考えて、社内標準がどれだけ非効率化には頭が回りません。

身内の偉い人を納得させるためだけの資料を作り、手に職はつきません。
SIerに長くいると、会社員人生は会社と一蓮托生になります。

SIerの仕事は、外に持ち運べるようになってはいないからです。
とにかく内向きで、身内を説得・納得・報告させることだけに特化しています。

専門性とは、特定の分野における高度な知識や経験です。
SIerの仕事が簡単かというと、死ぬほど難しいのですが、それは簡単なことを難しくしているからです。

シンプルな業務をものすごく難しくシステム化して、そのシステム化された内容は体系的にまとめられていないため、後から来た人がキャッチアップできません。

SIerの専門性とは、特定の顧客に依存した「業務知識」なので、その会社以外では全く使えません。一ミリも役に立ちません。

転職活動では応用できるかのように語りますが、応用可能性はゼロです。

SIerにいると、転職できなくなること。
ヤバいですよね。

SIerに将来性はあるのか?就職はやめるべき?中の人が大胆に予測してみる

大企業病すぎてヤバい

大手SIerの大企業病は行くところまでいってしまっています。

何をするにも会議が必要で、完全承認主義。

業務に関係することで新しいチャレンジはできません。
基本的に、業務と外れた場所で、本業ではない時間でチャレンジと称する何かの活動をするのがSIerの「チャレンジ」です。

新しいチャレンジがあったとしても、ボトムアップではなくトップダウンで決められます。

偉い人が「DXに関する何かをしろ!」「Googleのようにイノベーションに2割の時間を使ってみろ」と思いつきを発信して、下の部署に伝えられます。

部署の中では色々と「上の要望を満たすけど、現状を変えないやり方」が議論され、とにかく何でも骨抜きにされます。

結果、
「イノベーションの時間を使って委員会活動をしてみました」
「委員会活動の内容を報告します!」
みたいな、オママゴトのような作業に大量の工数を使って、偉い人に報告して、何も変わりません。

変化は死ぬほど嫌われます。
変化させようとすると、何も知らないおっさんが、

「リスクはどうなんだ」
「問題が起こったらどうするんだ」
「説明できる資料は作ったのか」
「工数は」
「報告は」
「品質は」
「レビューしろ」

とクッソ面倒くさい仕事が大量に舞い込んできます。
それでいて、面倒なことをこなしても給料が上がらないので、

「じゃあやらなくていいわ」

となります。当然です。

これが大企業病です。
構造的に新しいことはできないようになっているのです。

大手SIerは回復不可能なほど大企業病に冒されています。
おそらく倒産するまで大企業病は治らないでしょう。

SIerの中にいて、自分の脳まで大企業病に汚染されたらまずいです。
さっさと抜け出しましょう。

仕事の進み方が遅すぎてヤバい

SIerの仕事はとにかく進みません。
関係する人が多すぎるからです。

開発環境のミドルウェアを再起動させるだけでも複数の人に「連絡」して「許可」をもらいます。

「開発環境がハングアップしたので、JBossを再起動していいでしょうか」

というチャットが何度飛んだかわかりません。

ディレクトリ一つ作るにも許可がいります。

「そのディレクトリは基盤チームの持ち物です」
「そのファイルはアプリチームの持ち物です」

とセクショナリズムが行くところまでいっていて、責任を超える仕事は叱責の対象になります。

開発環境のファイルなんて、まともにバージョン管理できていれば、間違ったら元に戻せばいい話です。

さっさと作業して、さっさと検証すればいい。
そんなことはできないんです。

仕事も「走りながら考える」は許されません。
まず計画を立て、その計画を3週間くらいかけて複数の関係者にレビューしてもらいます。

「計画のレビュー」に3週間以上かかるのです。

「計画は完璧か」
「計画に漏れはないか」
「人員は揃っているか」
「工数は」

みたいなことを延々とレビューします。
そしてさんざんレビューしたにも関わらず、計画はだいたい外れます。
外れた上で、残業でカバーします。

亀のようにしか仕事が進まない。
進められない構造になっているのです。

早く仕事を進めようとしたら、頭の固いバカが大量に湧いてきて、とにかくゆっくりさせようと画策してくるのがSIerです。

仕事が超スローにしか進まないということは、経験値もスローにしか積み上がらないということです。

新しいことをやろうとしないので、同じような仕事を延々とゆっくりと繰り返します。

入れ替わらない水が腐っていくように、SIerの中の人間も少しずつ腐っていきます。

既に腐臭がしています。
ヤバいですね。

残業時間が長すぎてヤバい

SIerの中の人は仕事内容よりも「残業時間」で自分の成果をアピールします。
月末になると「今月の残業時間やばいっすよ」みたいなことをニヤニヤしながら言う奴が必ず湧いてきます。

キモいです。

「残業ヤバいですよ」と言いながら、自分がいかに頑張っているかをアピールするのです。

自分がいかにチームに必要なのかを周囲に示し、「自分が残業して働かなければ仕事が回らない」と主張したいのです。

無駄な作業を自動化もせず、ひたすらにしょうもない資料を作り続けて、「残業ヤバいっすよ」とのたまう。

ヤバいのはお前の頭だろうと言いたくなります。

コロナでリモートワークが中心となって、「残業ヤバいっすマン」は減りました。雑談できなくなったからです。

とはいえ、残業のヤバさで実績をアピールする風潮は消えておらず、とにかく残業を美徳とする文化があります。

成果主義は何のその。
残業していないと頑張ってない!と見る雰囲気がたしかにあります。

SIerはヤバいですね。

SIerはなぜ労働時間が長いのか?業界に潜む構造的な問題

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です