マンガ

『葬送のフリーレン』を全巻無料で読む方法

『葬送のフリーレン』を無料で読む方法を調べました。

『葬送のフリーレン』は最高の漫画です。

レビューするのが難しい作品。私はハマった。フリーレンは折に触れて過去の旅を回想するんだけど、この時ヒンメルはどう思ってたのかな?と彼の回答のない心情を思って切なくなる。面白いけど淡々としてるから完結してからまとめ買いでもいいかなーとか思ってたけど、メンバーの色恋ネタが進展してきたのでリアルタイムで追い続ける事にします。

…と思いました。

そんな葬送のフリーレンを無料で読む方法を紹介します。

葬送のフリーレン

『葬送のフリーレン』を無料で読む方法

『葬送のフリーレン』を無料で読みたい方のために、すべての漫画サイトを調べて表にまとめてみました。
徹底的に比較検討し、作戦を練った結果、以下の手順で読むのが最もコスパが良いことがわかりました。

  • Amazonユーザーの方は、Kindle Unlimited の30日無料体験を利用する。
  • 次にコミック.jpの無料体験を利用して、1200円分の漫画を無料で読む。
  • そのあとで、U-NEXTの無料体験で600円分の漫画を無料で読む。
  • 無料分を全部読み切ったら、ebookJapanを使って、半額で漫画を読む。

というのが、最も確実かつノーリスクで漫画を無料で読みまくる方法です。ぜひ活用してください。

サイト 特徴
Kindle Unlimited Amazonアカウントですぐに30日間無料体験できる
コミック.jp 30日間の無料体験。1200円分の無料ポイントがもらえる
U-NEXT 30日間の無料体験。600円分の無料ポイントと動画・雑誌見放題
ebookJapan 初回50%オフ。50%分のPayPayポイントがもらえるので実質半額。単品購入ができる
コミックシーモア 先行配信がある。読み放題プランがある
まんが王国 毎日ポイントがたまる。無料お試しページが多い

葬送のフリーレン を読んだ人の感想まとめ【ネタバレあり】

参考情報として、葬送のフリーレンを読んだ人の感想を集めてみました。

みんなの感想を参考にして、葬送のフリーレンを読んでみてください。

  • ちょっと寂しくも、ちょっと暖かく、ちょっと笑えて、じんわりと良い感じ。そのバランスがとても良くて、凄く素敵なお話です♪
  • 設定が斬新です!今までになかった話ですねー!!絵もとても綺麗です!2巻まで読んだので続きも買って読みます!久々に当たりです。
  • 穏やかなファンタジー後日譚です。種族の寿命をテーマとしており、感動的な別れと出会いの物語がとても楽しめています。
  • 普段あまり漫画を読まないのですが、色々なメディアで紹介されていて気になっていました。試し読みから今は購入して読んでいます。気分が悪くなるような残虐な描写はなく、登場人物は皆深みがあり、適度にユーモアもあって、ほっこり楽しめる作品だと思います。
  • タイトルだけは知っていて気になっていたので、無料のタイミングで読み始めたら、即全巻購入してしまいました。冒険が終わってからのお話は初めて読んだのですが、戦いあり友情あり、ヒューマンドラマありで色々な角度から楽しめる作品で大好きです!
  • 無料版を読んでつい一気に買ってしまいました。勇者御一行のひとつの物語のその後のお話。中々ない設定で過去を振り返りながら思い出を想いを紡いでいくような。主人公のエルフが淡々としているようで暖かい。ひとつひとつが丁寧に描かれていて、感情の起伏は緩やかですがその分重みがあると言うか。読み終わってため息がでるようなそんな素敵な物語です。
  • 単なる冒険物ではなく、勇者達の冒険のその先の生き様が描かれていて、想い出と今とが絶妙に混じり合い進んで行く、斬新な切り口の物語だと感じました。
  • 無料分を試し読みして購入迷ってましたが、レビューを参考に結局出ている分は全て読了。勇者・魔族・魔物…からバトルファンタジーを想像していましたが、ストーリー展開は割と静か。ちょっとゆっくりかな。。ただ、ファンタジーだけど人間ドラマに重きを置いていて入り込みやすいのでその時々のキャラクターにポイント置いて読み進めています。時々出てくるフェルンの「むすー」顔がいい
  • 正直に言って話題の作品ということで、面白くて当たり前と言う思いで避けていましたが、2巻まで無料ということで読んでみました。タイトルや筋書きから感じられる終末観や悲壮感を感じられるストーリーの中に、クスッと笑いを仕込んでくる話の流れに、思わず引き込まれるなか、何か懐かしい感じを覚え、改めて作者を確認したところ「ぼっち博士とロボット少女の絶望的ユートピア」の山田鐘人先生の作品ではありませんか!!前作がとても気に入っていたので、すべてが腑に落ちる感じがして、そのまま最新刊まで一気読みしました。伏線回収や絶妙なストーリーなんて評論家ではないので語れませんが、素直に話の流れがスッと心に流れ込み、読み終わった後に深い味わいの余韻に浸れる作品だと思いました。
  • 冒険のパーティで主役である「勇者」はもう年老いてしまい、本作の主人公であるエルフのフリーレンはその死を見送ります。もうこの時点で他にないお話ですが、フリーレンは勇者が亡くなった後に彼が大切にしていたこと(困っている人にすれ違ったら助けることを自分のことより優先する、など)に気づき、それを大事にしながらまた新たな若いパーティで冒険を進めていくのがぐっときます。冒険は戦いも笑いも切なさも全てがバランスよくあってとても惹きこまれていきますので、どんな方にでもおすすめできます。
  • とても淡々とストーリーが進むのにそれが温かいような切ないような感じがしました。今までに私が読んできた漫画にはない表現力で知らず識らずに惹き込まれました。こんな世界を描ける作者様が羨ましいです。
  • 悪と戦って勝利した勇者一行のアフターストーリー。かつてこんなテーマで描いた作品があっただろうか?(私が知らないだけ?)長寿のエルフが主人公。自身より短命な仲間たちの過去と現在がリンクする、温かい(時におバカなコメディ要素もあり)ストーリー。でもわざとらしくは決してなく、懸命にそれでも生きていくというテーマ。魔法もあるファンタジー世界なのに、寿命という普遍的な要素と思い出がリンクして、ちょっぴり泣きたくなるようなノスタルジックな印象を感じさせる読後感が良き。ふと何度も読み返したくなる秀作です。買うのを迷っている方は是非。
  • 面白いいいいいいいいいいいいいいと思った。思う。思ういや思った。哀愁があり、優しさあり、ついつい次のページ次のページへと引き込まれる
  • とてもクールなフリーレンが、イイ エルフであり、師匠が千年前の天才、魔族をどんどん「葬送」の魔術師 勇者達のパーティーに、人生の「百分の一」であったのに、影響されている話
  • 仲間を思い出しながら旅をする話ですが、旅をしていた当時は無意識だった仲間への思いに気づいていくところがすごく素敵です。もういないんだな…と寂しくもあるし温かい思いも湧いてくる不思議な気持ちになります。とても好きなマンガです。おすすめ。
  • 長寿のエルフから世界を観たらこうなるのかなと思わせる、不思議な感覚に捕らわれるお話です。話自体はとても面白くよく考えられていて山場もありますが、登場人物の感情の振り幅が小さいためかどこか淡々としています。喧噪とか息吹は感じられませんが、その代わり言葉の行間を読み取るような面白さがあります。丹念に練られた言葉が紡がれるお話です。しっとりとかしんみりとか、時々クスッと笑えるような、どこまでも続く終わりのないお話です。
  • 絵もそうですが人の心の機微を描く繊細さを感じます。読んでいると、そうだよな、と思わされること、多いです。淡々としているように感じますがストーリーはちゃんと進んでいて、物語の世界の核心に徐々に近づいて行くような冒険をしている気分です。
  • 魔王を倒して完全平和という訳でなく、魔物の討伐や魔族の残党と戦ったりのんびりほのぼのアフターライフではないところがミソその中でかつて助けた人々とふれあいながら、フリーレンなりに人間ぽくなっていくのが面白いアウラとの戦いで、「よかった。お前達魔族は化け物だ。容赦なく殺せる」って言った時フリーレンは冷たいように見えるけど、ちゃんと“ひと”なんだなってほっとした気分になった
  • 設定に心を惹かれて読み始めましたが、とても面白くてハマりました。独特のテンポでストーリーが進んでいくのがクセになります。
  • 長寿のエルフであるフリーレンは、魔王を討伐した後の世界で、共に旅した仲間が去った後の世界を弟子とともに再び旅する。そこには勇者ヒンメルの残した言葉や旅路で出会った人々らとの思い出が映し出されフリーレンは何を思うのか。魔王討伐に向かう前までの果てしなく長い年月を生きてきた彼女とそれ以後ではもう流れる時間の質が変わっていて、彼女の価値観や行動基準が変化していくのを追体験するのはとても切なく、濃密で味わい深いものだと感じさせる。ストーリーについては目的地まではまだまだ続きそうです。あとゴリラがどうなったのかも気になります。

まとめ

葬送のフリーレンは最高の漫画です。
私も久しぶりに時間を忘れて楽しむことができました。

この記事を読んだ方もぜひ、私と同じように 葬送のフリーレン を楽しんでほしいです。

Kindle にはスマホアプリもあります。

休憩時間や電車に乗ってる間でも気軽に読めるので、ぜひ試し読みしてみてください。